FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

良質なキクイモであれば結果が出ます!


昨日外来診療終了後、知人の某地域自治会長のお宅へお邪魔しました。

昨年地域の納涼祭において、私が屋台ブースでキクイモ加工品を販売した際には
大変お世話になりました。

その際の案内です。

     納涼祭加工


パン、クッキー、チョコレート、焼酎と、本来は糖尿病の方にとって、食事療法の上では
禁止されるべき物なのかもしれません。

が、良質のキクイモを使用する事により血糖値が上昇しない優れモノなのです。


販売前に仲間達を招いて、実験食事会なるものを実施し、検証しました。

【チョコレートの摂取実験】①は正常の方2名昼食後1時間程度で、
②は糖尿病患者さんにO氏(80代女性)に2週間、摂取時間はランダムに摂取して貰い、
摂取前と摂取30分後の血糖値を比較したものです。

チョコレート実験


【クッキー摂取実験】は糖尿病でない方8名と糖尿病の方6名の
クッキーを摂取前、摂取30分後の血糖値を比較したものです。

クッキー実験



本来血糖値は摂取30~60分後がピークになると考えられます。

が、チョコレート実験①では正常の2名とも摂取後の血糖値は低下、
糖尿病O氏の実験では、摂取前後で変化なし・軽度上昇もありますが、
ほとんどの場合、血糖値が低下しました。

特に7月28日以降はそれまでの摂取量の2倍量を摂取したので、
容量依存的に効果を発揮した印象です。


クッキー実験では、非糖尿病群の摂取前後の血糖値比較で、ほとんどの場合摂取後軽度上昇
糖尿病群では無変化2例、軽度上昇1例、軽度低下3例でした。

この結果は、正常、糖尿病の双方においても安全に食べられるという事と思われます。
糖尿病でない方々でも、血糖値が下がりすぎる事が無いという事です。

この実験結果は一部ですが、面白いデータですね。


沢山の方々、特に糖尿病の方にとっては朗報だったのですが、このお祭自体が地域での開催であったので、
大量に売れ残ってしまい残念でした。

今年の祭りはコロナウィルスの影響で、開催が危ぶまれております。
早く終息して欲しいものです。

さて、その自治会長さんは定期的にD大医療センターへ通院。
私の外来患者さんではありませんが、生活習慣病指導を希望されましたので、ご説明に伺いました。

この方、数年前から私の勧めでキクイモの加工品を摂取しております。
すると、血液データが改善。やめることが出来なくなった!と仰ってました。

詳細な改善データについては、お聞きしておりませんが、次回ご本人の承諾を得た上で、
御紹介出来るかと思います。
  1. 2020/04/12(日) 07:03:27|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇跡のキクイモ。再び驚きの効果が。。。


一昨日の外来にて高脂血症の40代女性患者さんが来院。3か月ごとの受診ですが、ややぽっちゃり体系(失礼!)で、
前回をお会いした時に比べ、またもや成長(?)した印象を持ちました。

体重計に乗る前に乗る前に
「体重(めかた)増えましたか?」と尋ねると、
「えっ、分かりますか?!困っているのです。」の返事。
それでは、良い方法をお教えしましょう!に食い付きの反応が速い!

私自身がこの1月から実践している方法です。効果てき面で、
この3か月で順調に8㎏の痩身に成功しております。

決して無理なく、継続可能。そして自分一人で出来ます。
体力低下も無し、元気です。
ちょっとした切っ掛けで、試してみたら、抜群の効果!
因みに運動は全くしてません。

私の外来で行う食事療法の指導は、分かりやすく、続けやすい方法をお伝えしてます。
勿論、学術的に裏打ちされたものですし、私自身も十分に学び論文を読み返し、
エビデンスのあるものを実践し、効果があるものをお勧めしております。

ご興味のある方(当ブログ読者なら皆そうかも)はお問合せ下さい。

勿体つけるつもりはないのですが、一方的な情報発信をしておりますが、
アクセスや反応について知りたい思いもあるものですから。。。

実はキクイモもヨーロッパ諸国(英国、ベルギー、ドイツ等)、インド等の医学論文に取り上げられ、
治療に使われている事実があります。

それなのに何故日本では今迄普及してこなかったのか?
この理由も、認められてこなかった闇の歴史についても熟知しているつもりです。

ぽっちゃり高脂血症女性は、農家の嫁で、私の話からキクイモを生産して農産物直売所で販売していた様でした。

いつも説明するキクイモのコツを話しましたところ、
「えっ、そうなんですか!」と驚いてました。

連作、化学肥料の使用、水洗い、保管等の【生産・収穫・保存・摂取】それぞれにコツがある事を忘れ、
いつも言う【キカナイイモ】を作っておられました。

これには驚き、私に教えてもらった重要な部分を忘れ、キカナイイモを販売している行為は多くの人の健康を損なう危
険性があり、責任重大である!と伝えました。
少々語気を荒げましたが、痩身法を伝授してましたから、次回お会いする際には気分スッキリ、身体スッキリで再会する
ことになるでしょうから、まぁ良いでしょう。

今後は美味しくて効果が期待できるキクイモを育ててくれるでしょう。

そんな訳で、私の外来での指導は、栄養士さんの行う、カロリー制限や計量、食品交換表等は使用しません。
80キロカロリーが1単位っていうやつですね。

又、久々にお会いする患者さんの生活について怒ったり、ストレスを感じたり感じさせたりも無いです。

理由は簡単。怒鳴ったり、怒ったりする事で血糖が下がり、糖尿病が改善する事は無いからです。それよりも患者さんと
私のストレスが増強します。ストレスはストレスホルモンであるコルチゾールが上昇し、結果血糖を上昇させます。

又、何よりも私の血圧を上昇させたくないので。。。

話変わりますが、
昨日来院された50代女性の糖尿病患者さんは、キクイモと上の指導により
劇的というより衝撃的に改善したケースです。

本人の了承を得ましたので、ここに御紹介致します。

昨年末、某クリニックからの紹介で、私が週1回勤務するD大医療センターに受診されました。
体調が悪く、痩せてきているという話でしたが、紹介状には 12月HbA1C13.6%
正常値が6.2%(健康診断・人間ドックでは5.5)測定限界が14.8%前後ですから、かなりの状態ですよね。

本来なら即入院。一時的にインスリンを使用し、先ずは【糖毒性】の解消をして!といった流れで考えます
が、
当日糖尿病内科医師は私一人。入院しても明日から他の医師へ依頼、
その上、年末で2日後より当直体制といった状態でした。
加えてその方は某医療機関の職員で診療報酬請求の提出期限が毎月10日といった事情も重なりました。

そこで、私の責任の下、内服薬(メトグルコ750㎎、オングリザ5㎎/日)を処方し、
上記の生活指導を実施し、キクイモのお話をしました。
そして2週間後の状態で入院治療をする方針としました。

すると、2週間後初診時の血糖値256mg/dlが半減したので、入院を回避、現在の治療を継続とになりました。

その結果、
11週間後の3月13日には 6.0% !!!

本日も知人に請われ、生活指導の説明に赴きます。

奇跡のキクイモ。糖尿病だけでなく、こんな時だけに免疫増強としても役立てて欲しいものです。


  1. 2020/04/11(土) 07:13:29|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急!新型コロナ対策 ダイヤモンドプリンセス号からのメール

菊芋は新型コロナ感染予防に役立つと考えます。
菊芋のイヌリンはプレバイオディクスとして、腸内善玉菌を活性化し免疫力を増強する事が
判ってます。

私の診療している、74歳の糖尿病患者さんが生活習慣として三年前から菊芋茶を飲んでいる方が、
ダイヤモンドプリンセスから感染せずに2月20日下船されました。

この方は2~3年前迄は、家族で唯一インフルエンザに罹患していたそうです。
よって家族内では、彼の免疫が家族で一番低いという認識だったそうですが、
ここ2年はインフルエンザにさえかかってなく、この度は新型コロナウィルスからさえ逃れる事が
出来た!奇跡だ!と話しておられました。

これは決して奇跡ではないのではないか?!と感じます。




【ダイヤモンドプリンセス号からのメール】

 2月19日8時30分

おはよう御座います。
いつもお気づかいいただき、有難うございます。
今日もふたり共に熱もなく元気に目覚めました。
15日に検疫を受けましたが、まだ結果の連絡がありません。
ドキドキしながら結果の出るのを待つています。それにより今日の下船はありません。
結果の連絡がない為いつ下船出るか全く分かりません。
我々は自覚症状もなく元気にしております。


2月19日21時15分
今晩は、今現在陽性か陰性かを含めて、いつ下船出来るかの連絡はありません。
あちこち連絡をとっているのですが、話は進みません。
ご心配をかけて済みません。
連絡があれば、すぐに連絡させていただきます。


2月20日12時50分
昨夜12時過ぎにふたり共に陰性との連絡があり、朝10時半に下船しますので、
荷物を朝までに廊下にだしてくださいとの指示があり、寝ないで荷造りしました。
先ほど下船し、現在帰宅途中です。まずは、取り急ぎご報告まで。


2月23日9時30分
おはよう御座います。大変ご心配をいただき有難う御座います。
私達はふたり共に熱もなく、元気にしております。2週間は外出を控えようと思っています。
栃木県でクルーズ船を下船した、60代の女性が感染したとの報道がありましたが、
私の妻ではありません。これからも、少しは心配です。




3月1日10時31分
おはよう御座います。先ほど消毒液が、届きました。重ね重ね御配慮頂き、
本当に有難う御座います。
心より感謝申し上げます。取り急ぎご連絡させていただきました。


3月6日11時20分
おはよう御座います。いつもお世話に成り有難う御座います。下船後2週間が経過し、
やっと保健所の監視から解放されました。長いようで、あっと言うまの2週間でした。
二人共に症状はなく元気に過ごしております。保健所との話し合いで検査の必要性は
無さそうとの結論に成りました。
今後体調に変化があれば、即急に検査しますとのことです。
中国のデータによると潜伏期間が二十数日と言う医師もいるそうですので、
しばらくの間自制しようと思っております。


3月26日10時14分
おはよう御座います。いっもお世話になり有難うございます。
下船後5週間が過ぎましたが、症状に変化はなく、二人共に元気にしています。
今までは外出も自制していましたが、やっと正常な日常が送れるかなと思っております。
先日23日に、もう一度だけ薬を送って頂きました。4月後半には、クリニックにて受診させて
頂きたく、思っております。


3月26日14時39分
ご返信有難う御座います
4月5日(日)又は、12日(日)に、ランチご一緒させて頂ければと、思っていますが
いかがでしょうか?家内も、先生にお会いしたいと言っておりますので、もしよろしければ、
奥様もご一緒にいかがでしょうか。
船上より撮影した写真や動画、食事内容等の写真など、今となっては、懐かしい感じの
資料もあります。


以上となります。御本人の同意を得まして、私とのメールのやり取りを掲載しました。

そして、御本人によると船上で仲良くなった御夫婦数組とマジックショーや食事等
行動を共にしたそうですが、残念ながらその方々は感染され、1人は重症化
(吸入ステロイドが著効し、後に改善した3例の内の1例だそうです)といった状況下
にあったという話でした。


東北医科薬科大学賀来特任教授が2月10日に行った、
緊急提言新型肺炎対策『STOP感染症・7つの約束』

 ◆約束1 正しく恐れる。
 ◆約束2  ウイルスや菌の顔と性格を知る。
 ◆約束3  “STOP感染「新生活習慣」”をつくる。
 ◆約束4  最新の対策技術にも目を向け情報収集する。
 ◆約束5  喉元過ぎても熱さを忘れない。
 ◆約束6  新型肺炎以外の感染症にも目を向ける。
 ◆約束7  防災用品だけでなく、感染症対策用品も備蓄を!

においても、約束3 新生活習慣をつくる。の部分で、
「免疫力を向上させる酪酸菌、乳酸菌などプロバイオティクス摂取の重要性」があります。

詳細は→緊急提言7つの提言

私はこの事実にヒントがあろうと考えます。
試してみて効果があれば、予防策になればと思い、沢山の方々へ、予防対策として、お勧めします。

マスクやアルコールの不足、都内は首都閉鎖になりつつある今、本当に効果のある本物に関する
情報発信をして頂きたいと考えております。

但し、いつも話しておりますが、あくまでもキクイモであって下さい。
決してキカナイイモでは免疫を増強する事は困難です。
役に立たない代物の摂取では対策にならないと思います。巷にはキカナイイモが溢れてます。
8割程度はキカナイ危険性も感じております。

昨日お問合せ頂いた花さんの花粉症に対しても免疫が上がった!という点では良い、
本当のキクイモである事が解ります。
ただ、連作障害や化学肥料の使用、保存、水洗い、摂取上での注意点を無視して
いてはキカナイイモになり得ます。是非お気を付け下さい。

因みにこの方が摂取していた『本物』はイヌリン含有は担保されている、推奨出来る物でした。
詳細を知りたい方は、是非遠慮なく、問合せメールにてお問合せ頂きたいと思います。


  1. 2020/04/03(金) 06:32:34|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御久し振りです。


久々にキクイモ医師ブログに関する作業に従事致します。

一昨年母を亡くし、故郷日光へ戻り仕事をしております。

5年前、母が悪性リンパ腫を発症し、3年間看病・介護をして
参りました。愛する母故に懸命の介護でした。
奇跡的に病状改善し、日光へ戻り、その後3年間自宅療養し
旅立ちました。

その後、日光へ本格的に戻り、働く環境も変わり、診療所の院長として、
警察医としても仕事をしております。何かと多忙を理由にブログ更新を怠けておりました。
それにしても4年近くブログ更新をさぼっていたとは。。。
いくら不定期にしても程がありますね。

今回、花ちゃんからコメントを頂戴し、新たな年度で心機一転再開しようと思いました。
今後とも宜しく願い致します。
(不定期ではあうでしょうが・・・)

  1. 2020/04/02(木) 06:11:57|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TV出演!

本日は朝からレセプト作業で、日曜日の丸一日
計10時間パソコン前で仕事しておりました。

祖父の代から手書きの診療報酬請求を行ってきた
100年の歴史がある我が診療所ですが、4月より
小生が院長職に就き、いよいよ紙カルテ作成とも
お別れになります。

1年半前より熟考を重ね、3か月前より準備。
6月1日から電子カルテ・レセプトコンピューターの
導入となりました。

とはいえ、私と職員 ミドルエイジにとって、先月の
訪問インストラクションを受講しても、未だ???
6月の請求から!と考えてましたが、移行期なので
紙カルテ併用、返戻覚悟!でしょうね。

本日の作業は5月分レセプトなので、最後の手作業に
なろうかと思い、10時間『忍!』

疲労困憊の毎日を過ごしておりました。
そんな日々ですが、全国から『キクイモ』に関するお問合せが
来てます。今週は仙台と茨城。

皆さん、健康に注意を配ったり、不安を抱えたり、色々な
問題・悩みを打ち明けられます。北は札幌から南は沖縄まで
時間の許す限り対応させて頂いております。

が、やはり診療の合間であったり、訪問診療に出掛けていたりで
十分な時間が取れず申し訳ない思いもございます。

そんな皆様に『朗報(?)』

6月12日月曜日15時55分からテレビ東京で放映される『よじごじDays』
『キクイモ』がスーパーフードとして紹介されます。
そこに何と!私が出演致します。

つい数日前、番組制作会社様より電話連絡がありました。
急な話にビックリしましたが、一方で「ついにその時が来た!」とも。
(少々図々しいかも・・・・・・。)

二つ返事で了解しました。

とはいえ、私の出演は電話での対応となります。さすがに平日
生放送の番組には出演困難ですね。
(依頼があれば調整してしまうかもしれませんが。)

私の顔写真と出版書籍『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』
も御紹介頂くようです、又当ブログも取り上げて頂けそうな気配。

『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』表紙

出版してから早4年。出版業界不況もあるのか、あまりPRもされず
増版もなく、Amazonでは一時¥5000以上(定価¥1404税込)で
取引されてました。(今日現在、中古¥1077 少々悲しい気持ちも)

新たな興味深いデータも蓄積しましたので、そろそろ第2弾を!等
考えているこの頃です。特に目一杯で動き回っていると妄想に浸ります。
(ランナーズハイとはこれに近い感覚でしょうかね?)

何れにせよ、獲らぬ狸の・・・。やはり図々しいのでしょうか!?

関西地区の方々にとって、キー局は判りませんが、
お時間のある方、ご興味のある方、12日の放映を是非御覧下さい。


  1. 2017/06/04(日) 23:44:51|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
キクイモについて (172)
日々の診療徒然 (78)
独り言 (183)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR