FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

驚愕のキクイモ効果!


本日は朝から宇都宮市の個人病院で外来。
8時半過ぎに駐車場で掛かりつけの患者さんと遭遇。
その方、既に大変上機嫌でした。

酔っ払っている?
いいえ、この方は『下戸』です。

50代男性。肥満あり、糖尿病で血糖コントロールのHbA1Cは9%前後
アルコールは飲みませんが、甘党の大食漢。

1年以上前から『キクイモ』を勧め、摂取されていましたが、
なかなか良くなってませんでした。

ところが、約2か月前、尿に蛋白が出た為、「このままでは
腎機能障害が進行してしまうから、しっかりやる様に!」と指導。
本人も神妙に私の話を聞いてました。

すると、いい加減に飲んでいた『キクイモ』を定期的にしっかり
摂取する様になりました。

ニコニコしながら「先生、素晴らしいご報告があります。後程、外来で!」
約1時間後、順番となり驚きました。HbA1Cは6.8%・・・・・。
その上嬉しい報告とは、「数十年ぶりに体重が80㎏を切りました。」

ここ2か月の話です。

「こうなると、以前はストレスだった血液検査が楽しみです。」とニコニコ満面の笑み。

一緒に喜べますね。


もう一方、こちらは2時間待ちの80代女性。かつて御長男が県内で
お蕎麦屋さんをされてました。(現在は閉店。)
グルメで、美味しい物大好きの方です。

次回の受診日がお誕生日で、東京にいる次男・三男さんが
年に1度のお母様のお誕生祝を企画しているそうで、上京して
美味しい物を食べてくる予定だそうです。

この方もHbA1Cが8%台後半。ところが、前々回私がキクイモ摂取について
御指導したところ、大変真面目に実践された様子で、今回のHbA1Cは7.6%。

年に1度のお誕生祝い、折角だから息子さん達に沢山御馳走になって来たら!?
と言いつつ彼女を2度見したところ、「!!!」
体格の良い方が顔色も良く、一回り小さくなった印象。

「顔色も良いけど、痩せました?」と尋ねると
「先生に言われた通りに『キクイモ』を摂ったら、体重が8kg減りました。」

思わず絶句。
2か月です。

私も懸命に『キクイモ』摂取してますが、逆に御指導賜りたいと感じる程です。
恐れ入りました。

前回のブログにも記しましたが、当然効果の個人差はございます。

東京女子医大名誉教授である出村博先生もご自身の研究結果で
「数値が悪い人程、効果が現れ易い。」と、仰ってました。

驚愕、奇跡、ビックリですね。


本日夕方は宇都宮の別のクリニックでの診療でしたが、70代後半の男性が
奥様に付き添われて初診されました。

HbA1Cは6.8~7%でしたが、最近両足趾から足底に左右対称に痺れが出現。
かかりつけ医(消化器外科)の先生に相談したが、糖尿病の状態は良いのだから
心配無用の言葉。

大変病識の高い、知的な方である為、心配になって受診されました。
足背動脈の触知は可能で、血流は保たれております。
アキレス腱反射も保たれております。

現在迄、種々の病気を経験されておりました。
50代で胃癌の為、胃切除2/3。脳梗塞2回。膀胱癌。肺炎3回等々。
糖尿病歴は15年前後。

症状からすると、糖尿病性神経障害の可能性はあります。
現在のコントロールは良好の印象ではありますが、15年経過してます。

一般に、糖尿病合併症は、神経症0~5年、網膜症は7~8年、腎症が10~13年
に出現する統計が(当然、糖尿病の状態により、個人差があります。)
出ています。

糖尿病内服薬として、ベイスン0.2mgを毎食直前の3回。
その他、血液サラサラ製剤等7剤程度。

かかりつけ医(個人開業外科医)から、処方されていたアマリールを、肺炎で
緊急入院した基幹病院主治医に中止されたところ、血糖値が上昇したようでした。

御本人、奥様に、しっかりした説明が無かった為、腑に落ちない御様子でした。
(本来なら、キチンとかかりつけ医ないし基幹病院主治医が説明すべきところ)

胃切除を経験されているから、ダンピング症候の危険性があり、低血糖を引き起こすリスク回避
と、御説明したところ、納得されました。

内服薬は変更せず、血流改善や免疫増強作用があり、糖尿病に大きく効果が期待出来る
皆さんご存知・私の口癖・先日の講演会主題・私のライフワークである『キクイモ』をお薦めしました。
(かなりしつこいか?!)

水溶性食物繊維が残胃において、ゲルを形成し、胃での滞留を長期化、小腸の通過時間は
短縮してくれます。それにより、満腹感が得られ、小腸におけるブドウ糖の吸収時間を短縮する為
血糖の急上昇を防ぎます。結果、当然膵臓からのインスリン分泌を節約出来る訳です。


本日血液検査を実施し、2週間後の再診でどうなりますか?
2週間後は同月の9月なので、HbA1C検査は出来ませんが10月の血糖値とHbA1Cが楽しみです。

外来で血液検査をする患者さんも御自身のデータを楽しみにしてくれる様になりますが、
こちらも大変期待している次第です。
改めて結果ご報告致します。

我が家の菊芋の花






  1. 2016/09/15(木) 05:55:25|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キクイモの花を咲かせましょう!


9日の金曜日にT市より60代の御夫婦W氏が日光の診療所へ来院されました。
T市の知人K氏からの御紹介でした。

地元の糖尿病専門医に受診されているそうですが、飲み薬で低血糖を
起こしながら、HbA1Cがお二人とも8%だそうで・・・。
足の痺れも出ているみたいです。

K氏から私が取り組んでいる、ライフワーク『キクイモ』について
お聞きし、受診を勧められたそうです。遠方よりご苦労様でした。

実は1週間前にもK氏からの御紹介で、80代女性が受診されております。
その方も地元の別の専門医に通院しており、HbA1Cは8%。
インスリン注射をしていました。御自身での管理が難しく息子さんが
お忙しい中、管理されております。

当然、食事制限に大変神経を使われております。

私の「食事の制限でなく、食事に追加する事で改善する方法を探して見つけた」
という言葉に大変喜んでおられました。

そういう意味では、【キカナイイモ】でなく『キクイモ』を摂取する必要があります。

速効型インスリンの頻回注射している方や、それに持続効果型を加えたり、
単独で持続効果型を注射している方々で、本当の『キクイモ』を摂取する事により、
血糖値が上昇せず、注射が不要となった方々が出てきております。


御存じの通り、インスリンは劇薬でして、取扱を誤ると死に至る場合もあります。
患者さんや御家族の方も注射したくない事は明確ですが、処方する医師の側も
決して注射を導入したい訳でもありません。

あく迄も『止む無く』です。(そう信じます。)

ある患者さんは「死んでも嫌だ」と、注射を拒否します。
食事療法に加え、大変なストレスになります。

一方、医師サイドは「食事療法も守れずに!」と、言う『言い分?』も成り立ちます。

専門医でさえ、栄養指導さえせずに、そういった言葉でギリギリまで患者さんを抱え込み
最後は専門病院でしっかり診て貰いなさいと手放す。そういったケースを多々見て来ております。

私の地元でも、ある患者さんが「この地では○○先生が糖尿病の専門だから!』と
消火器内科に所属していた医師を信奉しておりました。
その先生を信頼する事で病気が改善すれば何の専門でも良いのですが、
少なくともHbA1Cは責任をもって7%未満にコントロールをお願い致します。

そうしないと、患者さんの将来は・・・・。

その中で、今後『キクイモ』の果たす役割は大変大きな意味を持つと感じます。

先週の『林修の初耳学』で取り上げられた事により、『キクイモ』の検索件数が
増えていると聞いております。本当のキクイモのポテンシャルを感じる為にも
本物の摂取をして頂きたいと思います。

沢山の『キカナイイモ』が巷に広まっている事は間違いないので・・・。


いつもこういう表現をしますと、「そんなんじゃ判らない!」「もったいぶらずに教えて!」
とお叱りを受けます。

ですから、今回はヒントを
下記のサイトへアクセスしてみて下さい。

『キクイモ』情報

ここには、私の記事も(顔!)出ているし、私の発信する『キクイモ』の情報も掲載される方向です。


T市から受診されたW御夫婦の診療を終え、お二人を診療所の駐車場へ案内しますと、
そこには親父が一昨年植えた『キクイモ』の花が咲いておりました。

2016キクイモの花in日光

又、改めて、新患としてキクイモを治療に加えた方々の改善を当ブログで
ご報告致します。


(訂正)
前回、北国の花咲か爺さんの事を、勘違いして北海道と記載しました。
が、実際は千葉の方だそうで、大変失礼しました。北国とあり、何故か
北海道と連想してしまいました。お詫びいたします。
  1. 2016/09/11(日) 11:52:06|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キカナイイモ情報には要注意です!


6月に入りました。いよいよ本格的に暑くなりますね。
その前に梅雨の訪れ。食べ物が傷みやすく、食中毒に気を付けましょう。


昨日も朝から沢山の糖尿病患者さんが見えました。
【キクイモ】の話に花が咲きました

私がキクイモの話をすることにより某社の【○○の菊芋】
という商品の売り上げがアップしている様子です。
売上ナンバーワンだそうです。

まあ、宣伝広告に経費を掛けているのでしょうね。
インターネットで検索すると直ぐにヒットする代物です。


残念ながらとでも言いましょうか?!
私へのお礼はありません・・・・。(勿論冗談です)

それよりも、果たしてその製品の効果が如何なのか???
私は保証致しません。
というのも、かつて群馬県の方からの連絡で摂取していたのに
足壊疽により切断を余儀なくされたケースがありました。

今一つ効果に疑問がある場合は、ご注意ください!

一番売れているから!初回の値段が1000円だから!
(安いから、高いから)といって・・・。
勿論、選択の条件ではあるでしょうが、効果を大いに期待する
というのは『?』です。

何故、そういった事を述べるか?と言いますと、
真剣に糖尿病の療養に取り組んでいる方々を相手に人助けなら
まだしも、それを利用し金儲けを目論む輩がいるのも事実だからです。

いつも申しますが、『キカナイイモ』には要注意です。

結局、ビジネス目的にいい加減な管理。即ちイヌリン量についての
保証が無いものを堂々と売り歩かれるのは、大変困りものです。
今回、私の患者さんが地元の新聞に大きく『○の菊芋』というPRを
見て教えてくれました。

私がいつも話している事を理解されているので、
「先生の言っているキカナイ・・・が出てましたよ!」

実際、研究室でデータが出ない物があるのは事実だそうです。

そういった意味で、消費者が迷わないようにするキクイモとキカナイイモの
簡単な見分け方を考えております。現在、準備中です。
近々リリース致しますので!

オリンピックイヤーで様々な種目で予選が行われております昨今ですが、
いくらリオオリンピックが近く、一番の目標とする色を
製品の頭に付けたからといっても、効果は銅でしょうかね???

東京オリンピック誘致した升添さんも大変でしょうが、誘致合戦に
裏工作があった等。お金が絡むと人の身体、健康が2の次になってしまうのが残念です。
もう少しスマートにいかないものでしょうかね。

今朝の我が家の菊芋です。

IMG_3787.jpg


プランターで放置の、例の『ゾンビ』です。
相変わらずの生命力に驚かされます。

これは間違いなく、キカナイイモですね。決して食用でなく、観賞用??ですが。。。
これに似たキクイモもどき、キカナイイモでは効果の期待はありませんよね。
  1. 2016/06/02(木) 07:49:23|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問診療で担当する神経難病と清原ニュース


本日は午後から訪問診療へ出掛けました。
多系統委縮症という神経難病の方です。現在、訪問診療で2例担当しております。

この病気は、Multiple system atrophy: MSAと言われ、多くの場合は40歳以降に発症し、
小脳や脳幹が萎縮してしまう原因不明の難病です。男女比は男性が女性の約2倍いる
といわれており、現在、日本国内では、約1万2000人の患者がいるとされています。

症状の出現の仕方が3通り有ります。

小脳性の運動失調である場合は、①「オリーブ橋小脳萎縮症 (olivopontocerebellar atrophy: OPCA)」、
パーキン病のような症状である場合は、②「線条体黒質変性症」、
起立性低血圧など自律神経障害の症状がある場合は、③「シャイ・ドレーガー症候群」と呼ばれます。

日本で最も頻度の高いタイプは、①のオリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)といわれています。
起立・歩行しようとする時に、ふらつき、転びやすくなったり、呂律が回りにくくなったりする等の症状で
これは、小脳性運動失調によります。

②線条体黒質変性症ですと、パーキンソン症状である動作が緩慢となり、関節が動かしにくくなったり、
筋肉がこわばったり、すくみ足をしたりといったパーキンソン様の症状がみられます。
そのため、初症状が出始めた当初より、パーキンソン病と区別する必要があります。
パーキンソン病と比較すると、安静時に手の震えが少ないですが、症状の進行は早く、
抗パーキンソン病薬の効果はあまりないとのことです。

③シャイ・ドレーガー症候群の場合、起立時のめまいや排尿障害、下痢や便秘などの
自律神経症状が症状として現れます。頻度の高い自律神経症候としては、インポテンツ(勃起障害)、
呼吸障害、発汗障害などがあげられます。

罹患した早い段階で、睡眠時の喘鳴(ぜーぜーといった呼吸)や無呼吸などの呼吸障害の症状がある
といわれています。呼吸障害の原因の一つとして、呼吸中枢の障害による病気もあるので、たとえ気管
切開をおこなったとしても突然死の可能性があります。



多系統萎縮症が発生する原因について、遺伝などの研究が進んでいますが、まだ十分に解明されていない
のが現状です。多系統萎縮症は難病ですが、薬物療法によって、症状が改善する薬があるそうです。

パーキンソン症候群が症状として出現している人には、パーキンソン病に使用するエルドパという薬が処方されます。

小脳性運動失調に対しては、タルチレリン(セレジスト)などを用い、運動・作業のリハビリテーションを行います。
起立性低血圧の症状に対し、塩分摂取や下肢弾性ストッキング等を装着、血圧を上げる薬、ステロイド系の塩分を
保持する薬の服用等があります。。


尿漏れ、頻尿などの過活動膀胱による排尿障害には、抗コリン薬を用います。残尿が100ml以上ある場合、自己導尿を行います。

睡眠時無呼吸、喉頭喘鳴がある場合は、CPAP(シーパップ)と呼ばれる簡易呼吸補助器を就寝中に装着します。
また、身体に必要酸素量計測の為、酸素飽和度計測定します。。


予後は、症状出現後、平均約5年で車椅子使用、約8年で寝たきりとなり、多系統萎縮症にかかっている期間は9年程度と
の報告があります。


私の担当するケースは2人とも60代。一人は男性、もう一人は女性です。
CPAPの導入もあり、又自己導尿の指導も受けておられます。

急変時の対応についての話し合いも既に行われており、気管切開も視野に入れております。
運動療法士が訪問リハビリを実施中ですが、徐々に言語障害が進行している様子です。

担当のO運動療法士さんが手作りの言語表を作成してました。
トイレ歩行についての優しい心配りが感じられます。

IMG_3782c.jpg


国が指定する難病なので、医療費控除が受けており経済的負担はありませんが、やはり健康は重要であると
改めて感じます。

診療所を出る14時過ぎに、「清原初公判云々・・・」とTVが報じておりましたが、
一流のスポーツ選手だったが故、親から貰った、いや神様から恵まれた自身の身体に対しての冒涜・健康を
軽んずる愚行に憤りを覚えました。もしかすると一流ではなかったのでは・・・・・(人間として)。

生きたくとも生きれない人、好きで病気になった訳でない方々の想いを察すると、健康に感謝し、
親・神様に感謝し、精一杯人の為に有難く生きる事。
罪を犯す前に知るべき事だったのでしょうね。

日常診療をしながら感じてしまう今日一日でした。


明日は東京からの訪問客があります。19時からの面談ですが、『キクイモ』を如何に多くの方々に
お伝えするか?!正確な情報を発信・提供するか?!を相談致します。

生を受けたからには、人様のお役に立つ、真のライフワークを実践したいと感じます。
疲れた!等と言っている暇はありませんね。

  1. 2016/05/17(火) 19:44:49|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慌しい毎日ですが・・・。


今月初めての更新となります。

忙しさにかまけて、ブログ更新を怠けておりました。
先月も猛省した筈なのですが・・・・。

4月の診療報酬請求を5月9日に仕上げ提出しました。
不慣れな上、ゴールデンウィークと診療報酬改定が
重なり、ストレス多く。と再び言い訳。

2月の請求も返戻の嵐で。決して不正をしているのでなく
請求先の間違いや綴り方・記載箇所等の不備が重なりました。

ですから、2か月後に入る診療報酬が入らず。悪戦苦闘中です。

辛うじて、水・木曜日のアルバイトで食べている様な状況です。

もう暫くはこのような状態(余裕の無い)が続くのかも!?です。

毎週水曜日は午前の勤務病院での外来。昼過ぎ嘱託契約の特養施設
回診。夕方から2時間半市内のクリニックで診療に従事します。

木曜日は午前日光市の獨協医大日光医療センター糖尿病外来勤務、
隔週第2・4週は夕方迄。第1・3週は産業医活動とミッチリの
スケジュールです。

訪問診療も火曜日・金曜日と徐々に始まっております。

その内の御一人、神経難病の男性が便秘で困っております。
血圧の変動が激しく、浣腸や座薬を使用しますと、肛門括約筋反射で
血圧が急降下するので、使用禁忌です。

そこで、前回の訪問時に私の愛飲する『キクイモ茶』を謹呈しました。
本日診察日だったので、摂取した結果をお尋ねしたところ、「・・・・・。」

やはりタダで貰う物には有難味が薄れるのでしょうね。
1~2回摂って止めていた様子でした。言語障害がある御主人が
「そう言えば、摂って3日間は出てたかな?!」

「奥さん!貴方が作って飲ませないと効果は実感出来ませんよ!」
何しろ、御主人は寝たきりなのですから!!!
ましてや御主人糖尿病のデータも悪化しておりますし。(HbA1C 8.0%)

どれだけの期間でどれ程改善するか?見物ですね。


昨日、医療センターでの外来でも、糖尿病で肥満の50代女性が受診され、
当日の血液検査で中性脂肪900以上!
母上も糖尿病があるそうで。

早速、キクイモ茶を提案しました。
鬼怒川在住の方だそうで、大変ラッキーですね。

昨日から鬼怒川温泉駅前のフタバ快生堂でキクイモ茶『サンテライズ』が
発売開始となりました。

宇都宮市で3か所、栃木市1か所、東京都1か所、山口市(全国通販)に続き
日光市では3か所目の販売店となりました。

どんどん普及して、糖尿病の治療にお役立て頂きたいと思います。

今年1月の『月刊健康』に掲載された、血液データ改善例の御婦人が
先日も外来に見え、引き続きHbA1C 5.8%という状態(1年前は10%越え)
わずか4か月で嘘の様です。と感激されておりました。

皆さんが笑顔になると良いですね。


さて、『月刊健康』(主婦の友社)といえば、6月号に私のお勧めする
運動療法が掲載されます。拙著『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』
にも記した方法ですが、未だご存じない方は是非ご覧下さい。

そして療養にお役立て頂けたら!と思います。


慌ただしい日々ですが、温暖で過ごしやすい季節になりました。
日々の生活に運動を取り入れたいものです。私のご紹介する運動療法は
全天候型、お財布にも優しい、省スペースの優れものです。


本日、親父が趣味で育てている『牡丹』が大変美しく咲いておりました。
とても癒されます。少々お裾分け致します。

牡丹2016


  1. 2016/05/13(金) 20:02:52|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR