FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

当直であれ、夢の扉を開きましょう!


当直明けです。
今朝は冷え込みました。当直室の洗面所の窓が
開けっ放しだった為、寒さで目が覚めました。

昨夜は、当直時間帯に39℃発熱の急患の対応をしました。
気温の変化により体調を崩している方が多くなった印象です。
皆さん、くれぐれも体調管理に気を付けて下さい。

その患者さん、20代前半。まさか、今流行りの『デング・・・』、『栃木県初?』
とも思いましたが、扁桃腺炎でした。
本日午後再診された時には37℃まで解熱し、元気で安心しました。

さて、明日退院されるご婦人。今回の入院で糖尿病と言われた方です。
入院時のHbA1Cは 6.4%でした。やや小太り(?失礼)食事療法中です。
1日血糖を毎食前計測し、本日データ説明に参りました。

朝109-昼149-夕169 

思ったより高い!

よくお話を伺うと、昼前採血前に少々昼食摂取、夕食寸前に缶コーヒーだそうで。。。

「よく噛んで、時間を掛けて、決して早食いしない。」
「野菜を先、次にタンパク質、最後に炭水化物を!」
「自宅へ帰ったら、ご飯は玄米、五穀米等に変更」

といった、提案を致しました。

以前も当ブログで触れましたが、『精白の悪』

小麦
砂糖

大切な栄養成分である

ビタミン
ミネラル
食物繊維

     を捨ててしまい、身体に負担のかかる食べ方で健康を害しています。

そして最後に『キクイモ』の話をしました。

その食い付きには驚きました。

気が付くと、食いしん坊の叔母さん達数人に取り囲まれておりました。

折角の情報ですから、詳細に!と思い、自身のiPhoneで撮影した『キクイモ』の
花、イモ、乾燥チップ等をお見せしました。
皆さんご存知なかった様子でした。

が、ついでに拙著『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』を宣伝。
すると、その中の一人が「その本の噂聞いた事がある!」と・・・・・。
(どんな噂なのか!?は、聞きませんでしたが。)

未だ未だ、認知度が低いと感じます。
このブログを御読みの方々、是非多くの方に朗報を届けるよう心からお願い致します。


さて、今朝当直室のTVで、群馬大学で開発された、障害者の為の車椅子の情報を見ました。
車椅子のみならず、手を使わずに視線を送るだけで本のページをめくったり、乗っている障害者の
方の視線移動により、車椅子を操作するというお話に驚きました。

車椅子の操作については、実際は鼻の位置から顔の向きを捕える話でした。
前後左右と顔の向きをカメラが認識し、下を向くと停止、上を向くと前進。
顔を右に向けると右側にゆっくりと旋回するといったものでした。

将来的には指揮者や役者の台本稽古等にも活用出来るだろうとコメンテーターが話しておりました。

不自由、不便さに人のニーズや発明のヒントが隠されていると思います。
しかし、言葉では簡単ですが、その開発技術者の涙ぐましい努力やそこに至る迄の挫折は
想像を超えていると感じます。

ただ、「他人の為に役に立ちたい!」という情熱を持ち続け、花開いたと信じて疑いません。

私の大好きなTV番組で、TBS日曜日18時半『夢の扉+』があります。
情熱を持ち続け努力・邁進してきた方々の実話で、毎週楽しみに拝見しております。
毎週録画予約設定してますので、見逃しません!!

時に感動して、一人涙しております。
今週末も当直なので、しっかり勉強させて頂きます。

そこまでの事は出来ないかもしれませんが、紹介された方々を良きお手本に
情熱を燃やし続け、多くの方のお役に立つ仕事が出来たら、我が人生に悔いなしと信じます。



  1. 2014/09/12(金) 20:19:37|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『キクイモ』効果の個人差について考える

昨日9月10日、外来に退院後初診の40代の方がみえました。

先日迄、入院していた糖尿病の方です。
空手をはじめとした武道家の方で、今や熱心なキクイモファン。
退院の際には、体重が96から87㎏になり、糖尿病の内服薬も切れました。

「変わりありませんか?体重は増えてませんか?」
一番気になるところです。

「変わりありません!」

退院後1週間です。是非とも安定した状態を維持したいものです。

本日食後3時間の血糖値を外来にて簡易測定器で計測しました。

『105mg/dl』 !!!

HbA1Cも併せて採血しましたが、こちらは外注になりますので、次回ご紹介しましょう!
ちなみに入院した際は、6.8%でした。楽しみです。

もう一人、本日退院される32歳の男性。

こちらは、104㎏が現在98kg。入院時の血糖値は300、HbA1Cは10%という強者。
先程の方とは違い、運動には無縁そうな印象のポッチャリ型若者。
カウチポテト族とでも言いましょうか?

合併症が無い事を確認し、、食事療法を実施。
内服薬を調節し、現在1日血糖値は100~130mg/dlとなりました。

よく噛んで、味わって!野菜から食べるように!なるべく時間かけて!
と、耳うるさいとは思いますが、入院中やはり食事が一番楽しいでしょうし、
時間もタップリありますから。

糖尿病の内服薬もアマリール(1)1錠半、ベイスン(0.2)2錠。
これでも途中で増量しました。多分最終的にはアマリールを半~1錠程度には
減らせるのではないか!?と感じております。

ある程度、血糖コントロールがついてきてから、『キクイモ』についてお話しました。

最初から『キクイモ』の話をすると、楽な方へ心は傾き、好きなものを食べてしまう等
血糖コントロールに時間が掛かってしまう危険性があるからです。

某県の医師は、未治療糖尿病患者さんに対して、『キクイモ』だけで治療し成功したという話を聞きました。
それは十分に理解可能ですし、『キクイモ』は、そのくらいのポテンシャルを持っていると感じます。


ただ、問題はその使い方かと・・・。

一般的に、一所懸命苦労した方はその有難さが解ると思います。が、
安易に考えられると、逆に取り返しがつかなくなる場合もあります。

私が最初に『キクイモ』の奇跡的な力を知った際、(拙著をはじめ、月刊誌等に既に記載)
友人とキクイモ焼酎を飲み、2時間お腹一杯食べました。血糖値を食前後で比較したところ
3人とも20%低下していました。

あの時の一人。糖尿病の方(血糖値:282⇒222mg/dl)。

彼はその後、「地元の山でキクイモを栽培する!」「自分が実験台になり、証明する」と
言い残し、私の外来には2度と戻ってきません。それ以降お会いしておりません。

その後について、人伝えですが、相変わらず多忙で、毎日大酒を飲まれているような。。。




現在、発売中の『夢21十月号』(わかさ出版)をご覧になられた方から、一昨日お電話がありました。

わかさ


60代男性で、石川県にお住まいだそうです。
糖尿病ではなく、慢性腎炎の診断で、血清クレアチニンが1.5から1.7(mg/dl)に上昇して
しまったというお話でした。

主治医からは『透析』の言葉は未だ聞いていないが、御自身の御身体を大変心配されてました。
電話のお声で、真剣さが伝わってきましたので、新橋で飲んだ1杯¥150(計¥450でしたが・・・)
のビールも吹き飛び、こちらも真剣に対応致しました。

こちらは、個人差もございますし、個人情報にもなりますので、『キクイモ』摂取について
お話した内容等、当ブログでの公表は差し控えます。

近日、素晴らしい結果が出る事をお楽しみに!


自分自身の身体について、真剣に考え、様々な情報を得る努力をしている方々は多いかと思います。
その中には『ガセ』『インチキ』マガイの物は勿論、却って体に障るものも含まれているでしょう。
くれぐれもお気を付け下さい。


拙著『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』執筆にあたり、取材を行いました。

『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』表紙

取材をした患者さん達が口々に仰っていたが、
「知人から色々なサプリメントを勧められ、試したが、何も効かなかった!
だから、キクイモも又か !?と、思っていたら、これが大違いで・・・」

皆さん示し合せたかのようでして・・・。

そして、
「キクイモの素晴らしさが伝わるなら、何処へでも証人として、出て行こう」
「先生、頑張って!」と大変好意的で、激励され勇気づけられました。

私はその方々の代表として、メッセンジャー役を担っていると感じております。


そして、その患者さん達皆さん、壊疽・透析・失明の宣告を受けたり、危険性に怯え
大変苦労をされて『キクイモ』に辿り着きました。ですから、感謝の気持ちが全身から溢れ、
素晴らしい笑顔でお話されます。

決して、軽々しい物ではなく、
不規則な生活を続ける為、自身の不摂生の為の手段でない事だけは間違いありません。

そういう意味で、効果には『個人差』があるのでしょう!


  1. 2014/09/11(木) 05:49:27|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

故郷の友人と『キクイモ』を世界へ広げよう

昨日は急遽上京。
友人Y君と東京ビッグサイトに出掛けて来ました。

2か月前に30数年ぶりに再会した、Y君でしたが、ここ数週間
週1回のペースで会っております。久々の再会により、30数年の
ブランクを埋めるべく、話は尽きません。

Y君の学生時代の友人Mさん、(TVにも出ていた有名人)がビッグサイトに
いるので、ご紹介頂きご挨拶!という事で、田舎から二人のオジサンが
はるばる上京した訳です。

又、Mさんが関係するブースに、世界的に有名な海外のハーブ関連会社の
社長さんが見える、という話に大変興味を持ち、出来れば『キクイモ』の
話を!先日凹んだ、私の英語が果たして通じるか!?等興味津々で乗り込みました。

Mさんは我々と同世代。TVのお仕事をされていた方です。大変アクティブ、
エネルギッシュな方という印象でした。ゆっくりお話出来ませんでしたが、
近い内に又お話出来たら!と思います。その節は宜しく!

海外ハーブ関連会社C社はイタリアにあり、新たに日本進出するそうで、
P社長は明るい、楽しいジョーク満載の素敵な方でした。我々を明るく迎えてくれましたが、
大変お忙しいそうで、15分程度でミーティングの為、退席。明日は香港だそうです。

『キクイモ』のお話をゆっくり!と思いましたが、既にご存じの様子で、逆にC社の
ハーブティーを御馳走になりました。

C社の製品には、有名な大学の医師とノーベル賞受賞科学者の名前が記載されており、
自社で研究所を持ち、製品の研究・開発をしているそうです。感銘!!!

P社長さん、美味しいハーブティーと貴重なお時間有難うございました。

その後、Y君とビッグサイトの展示を観て回りました。前回訪れた時は私の5月の講演
でした。その時よりも多くの人で賑わっておりました。

特に目立った展示が『痩身』でした。この機械で体のケアをすると・・・、これを飲むと
体内脂肪が燃焼し・・・等々。「怪しげ?」とも思われるものも(失礼!)

中でもY君と笑ってしまったのが、この服を着ると痩せるという代物。その説明を、決して痩せているとは
思えない方がしていました。パンフレットを配布している2人の女性は、その洋服を着ていました。

悪戯オジサンが意地悪な質問をぶつけてみました。

「貴方は、毎日これを着ているのですか?」
「・・・・・・」
「では週に何日?」
「・・・・・・」
「貴方は会社の社員さん?」
「いいえ、アルバイトです。」
「今迄に、何回着た事がありますか?」
「今日初めてです。」

「なるほど、じゃあ貴方達のプロポーションとはあまり関係は無いのかもしれませんね?!」
「はい・・・・。」
「よく解りました。頑張って下さい!」


嫌な冷やかしでしたね。ごめんなさい。

さて、その後新橋駅前の居酒屋でタイムサービスの中生1杯150円を堪能し、帰宅しました。
宇都宮駅に到着すると、やはりホッとします。

JR宇都宮駅構内にこんなポスターが貼られておりました。

鹿沼
鹿沼市

真岡
真岡市

栃木
栃木市

那須
那須殺生石

日光
日光市

やはり故郷は良い物です。




  1. 2014/09/10(水) 07:09:25|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供達に野菜たっぷり


本日は1日中、自宅にこもり、資料の整理と原稿最終校正を
行っておりました。子供達も自室の大掃除。夕方に路上サッカーに
興じる以外、オトナシク勉強そして遊んでおりました。

10月2日発売『健康』11月号(主婦の友社)の原稿校正も終りました。
先程提出し、ホッとしております。是非、ご購読下さい。宜しく!!


今夜は炊事当番です。
昼食は簡単に焼きそば。夕飯は冷蔵庫の残り具材を利用した
ドライカレーです。

野菜を細かく刻み、ひき肉と炒め、カレールゥ少量とケチャップ、
ウスターソースで味付けします。これが子供達に大人気!

写真 1


弱火でじっくりと水分を飛ばして味を染みこませます。
野菜が嫌いでも、しっかり摂ってもらえます。
本日の野菜は、ジャガイモ、玉ねぎ、グリーンアスパラガス、ナス。

写真 3


ピーマンやニンジン等細かく切るので、苦手でも食べてしまいます。
杓文字の笑顔の様に!

添えつけにキャベツのサラダです。フレンチドレッシングにスリゴマと
粉チーズを和えました。

写真 2


野菜たっぷりのメニューになりました。



一昨日、長野県のU医師とお電話でお話しました。ご紹介頂き、「初めまして。」
のご挨拶から始まりましたが、約1時間、お互いの昼休みを利用しての対談でした。

以前よりU先生の事は存じ上げておりました。ご挨拶を!と思っておりましたが、
直接お会いして!とはいきませんでしたが、やっとお話が出来ました。

U先生は長野県で『寝たきり半減推進』という活動をされております。私より3歳年上かと
思います。地域における健康増進に関する啓蒙活動を実施。大変お忙しいご様子です。
キクイモ芋にも精通されておられます。

故郷日光『健康都市作り』プロジェクトの準備にあたり、色々と参考になるご意見を
頂戴し、用意した質問をぶつけてみました。
大変快く、お話して頂き、お忙しくお疲れのところ、ありがとうございました。

長野県が健康県である秘訣、どういった活動をされているのか?そして
目標設定等ご相談申し上げました。

簡単に要約しますと。
①長野県が3年前、『平均余命』全国第1位になったが、統計的には因子回析において
も、有意差のあるものではない。
②長野県において、健康に関与している可能性のある因子が3つある。
(1)健康補導員の活動(現在はボランティア)
(2)食事改善員
(3)家庭血圧コントロールの徹底
③長野県は医療費が全国1低い事実とその理由
④塩・油のコントロールによる疾病予防についての啓蒙活動
⑤野菜を豊富に、最初に【ベジタブル・ファースト】
⑥お袋の味、親の食事により子供達の疾病予防、食育

盛り沢山の内容でした。そしてU先生ご自身が1日1kgの野菜を摂るという
事実をお聞きし、感服しました。

そして最後に、『キクイモ』について、ご意見を伺ったところ、「素晴らしい!!」の一言。

全国講演をされていて、講演会終了後の懇親会でバイキング等食事をされると
野菜が少ない事が多いそうです。その際にはポケットのキクイモの加工品を摂るように
されているそうです。

そして、最後にこう仰いました。
「キクイモは、粗悪なものでも、食物繊維が豊富です。(キクイモの15%)十分な食物繊維の
摂取が可能です。こんな野菜、他にはありませんよ!」


といったわけで、本日は野菜たっぷりのキクイモ入りカレーとキャベツサラダの献立と
なりました。
私は例のキクイモ焼酎も頂こうと思います。



  1. 2014/09/07(日) 19:47:06|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若さを刺激にリフレッシュ


本日午前は日光へ次女を連れて代診へ行って来ました。

娘にとって、親父の愛犬リリィちゃんとは久々の対面。6か月になり著しい成長に
驚いておりました。車を実家近くの駐車場に停めている際の音にソワソワして
玄関前をウロウロしている様子で、毎回玄関先で出迎えてくれます。

その後は足元をウロチョロ、興奮して家中走り回ります。我に返るかの
如く、自身のケージで水を飲み、やっと一段落します。
  
紙やビニール袋の音に過敏に反応!その音に向かって一目散。
餌を貰えると思っているみたいです。

当初、「飼主が人間の食べ物を与えるから虫歯になったり、口臭が出る。」
と言ってましたが、現在は好きな物・欲しがる物を与えているみたいです。
私の子供の頃とは大きく異なり、『大~甘~』

ただ、ネギ、チョコレート等は絶対にダメです。私自身、犬を飼った経験が
無かったので知りませんでしたが、神経麻痺或いは死んでしまうといった話です。

そのリリィちゃん、我が家に2週間預けられていた時に、私が『キクイモ』の
サプリメントを餌に混ぜ与えておりました。どうもお好きなようでして、
本日も喜んでガリガリとかじっておりました。

数日前、食べ過ぎて嘔吐したという話を聞き、整腸目的に与えました。
ウンチも良くなり、元気でいて欲しいと妹への思いやり深い私です!!


午後からは、長男が通う近所の学校へ、次女と出掛けました。
昨日・今日と文化祭です。

毎年、その学校の文化祭には出掛けております。学生がにわか売り子になり
焼きそば、唐揚、タコ焼き、タイ焼き、綿菓子、ポップコーン、ジュース等のお店や
校舎内では、美術部、写真部などの展示の他、射的、ゲートボールビンゴ、等の
ゲーム。定番の喫茶店、お化け屋敷など盛り沢山。

露店4-2

露店3-3

露店1-2


長男は唐揚屋の店長さんだったみたいです。売れ残らないように購入する気持ちで
行きましたが、『Sold Out』の看板に胸を撫で下ろしました。(昨日は家内が売れ残り買占め!)

校庭中央のイベントステージでは、ご当地アイドルグループ『とちおとめ25』が元気に
歌って踊り、盛り上がっておりました。熱い中、ご苦労様!
高校生の若さと熱気に圧倒されました。

リリィちゃんと高校生の溌溂とした躍動感溢れる一日。大変リフレッシュ出来ました。



  1. 2014/09/06(土) 22:28:57|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

又もや、驚愕のキクイモ効果


やっと1週間が終りました。
明日午前日光代診がありますが、実家への定期的帰省と
いう意味合いもあるので、やはり金曜日はホッとします。

毎週木曜日が当直ですし、金曜日午前は施設での訪問診療に
なります。病院で、昼食、夕食、朝食、昼食と4食頂きますし・・・。

病院での食事は御存知の様に、健康食です。ただ、プラスチック
容器で提供され何となく味気ない・・・。
いやいや、入院患者さんの忍耐と、一所懸命に料理している方の努力を考えると
言ってはいけませんね。



言い訳がましくなりますが、最近の病院の食事は以前と比べて、かなり
改善していると感じます。老人施設等は勿論ですが、大変工夫、努力され
「美味しい!」と感じます。

やはり病院・施設における競争精神が激化していると感じざるを得ません。


さて、現在入院中の糖尿病患者さんですが、食事療法もさることながら、
『キクイモ』摂取により劇的改善しております。周囲の看護師もビックリ!!!

何と、一昨日内服薬を中止しました。ボグリボース(0.2mg)3錠/1日
(朝・昼・夕1錠ずつ、食直前)内服されていたのですが、毎食前血糖値が
低めになったので、昼前の分を中止しようと思っていたところ、夕食前血糖値
88mg/dl !!

お話をお聞きしたところ、キクイモ茶『サンテライズ』を1日6パック。
乾燥キクイモにして、15g。生芋換算で約90g。

私は1日1~2パックと、話しておりましたから、3~6倍です。

明日退院の為、ボグリボースを中止にして、本日血糖測定しましたら
朝 114 昼 78 夕 88 (食前 mg/dl) 看護師が驚き、外来診療中の私に
連絡、『低血糖』を心配しておりました。

「ご安心召され!キクイモのみでは低血糖は起こりません!!!」


以前、当ブログでも触れました、又5月の東京ビッグサイトでの講演会でも
お話しましたが、キクイモの作用機序としてインクレチン分泌促進と
食物繊維による血糖の急上昇を抑える事が判っております。

いわば『DPP4阻害剤』、ボグリボース等の『αグロコシダーゼ阻害剤』の
両面を持っていると考えられます。又、加えて腸内細菌叢を整えてくれる作用も
併せ持つ事から不明な部分ありますが、少なくとも複数の機序があると考えられます。

病院で処方される薬剤にこれらの合剤はありません。天然の食物で、大変な優れ物です。

低血糖が起こらない機序については、不明で、私見・推測になりますが、血糖を下げる
『インスリン』と、その拮抗ホルモンであり、血糖上昇作用を持つ『グルカゴン』のホルモン
バランスを整える可能性があります。

インスリン注射や糖尿病用薬剤を使用している患者さんの場合、キクイモ摂取により
それら使用薬剤の持つ副作用である低血糖が起こる危険性はあります。が、キクイモ
単独では『低血糖』が起きない事が既に確認されております。

如何ですか?
天然食物で、副作用無く、薬剤を減らす。ないし中止する事が出来る優れた『キクイモ』。

糖尿病のみならず、その他種々の疾患の方々に。病気の無い方、疾病予防・健康維持
にお薦め出来ます。医師要らずで、ピンピンコロリの可能性を強く感じます。

これが『奇跡の食材』と呼ばれる所以です。



  1. 2014/09/05(金) 20:43:04|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語宿題に感じる経年劣化


秋めいてきたなぁ!と感じていたら、残暑!そして雨。
我が家の小学生も新学期が始まり、夢のような夏休みから
現実世界に引き戻されたような感覚です。

宿題も無事に(?!)終り、雨に濡れない様に気を付けながら
大切な宿題を片手に、傘をさしつつ登校していきました。

私の『宿題』も、終りましたが、強烈なダメだしを頂きました。
「ボキャブラリーが足りない!!」そうで・・・。

留学が20年以上前の話ですし、帰国後はほとんど仕事を含め
日常で英語を使うことも、ましてや英作文等全く。。。
言い訳がましいですが、かなり凹みました。

それでは、今後一切、仕事の依頼では、通訳ないし翻訳家を
自腹でつけて頂く事に致しましょう!
それでなければ、国際関係のお仕事は引き受けない事に致します。

といった、開き直りに近い事を考え、自身の傷・自信喪失状態から
立ち直ろうとしています。

でも、やっぱり英語は必要ですね!

大学に通う長女が、「短期で良いから、留学したい」と言っていたそうです。

彼女が通った中学・高校は英語教育に大変力を入れていました。
又、東日本大震災が起きたタイミングに英国での春休み短期留学・
ホームステイを経験しました。

私の場合、1年余でしたから、出来れば長期に渡り滞在、勉強をして欲しいと
感じております。

私の名前は『訓読み』で、外国人には発音しにくい状況でしたので、
子供達の名前は皆、『音読み』で、外国人にも発音しやすく名付けました。

将来、海外に羽ばたいて、活躍して欲しい想いが御座います。

最近は、日本の大学に入れないとか、言葉だけでも!といった意味合いの
留学も増えている印象ですが、目的を持って、又夢を追いかけて出掛けて欲しいし、
そこの文化・習慣を肌で感じる事、外側から見た日本の状況に気付いて欲しいと
感じます。

私自身も留学前に半年間、英会話教室に入門し、英語の勉強を徹底的にした
記憶があります。インストラクターの休憩時間、昼食の際もストーカーの如く、行動を
共にして、異国言語の習得に励みました。

多少の自信を持ち行ってみると、全く通じず唖然としました。

一緒の実験プロジェクトを行う仲間達は、気を使ってゆっくり喋ってくれましたが、
それが理解出来る様になると、徐々にスピードが上がり、何時まで経っても
出来る様になった!という実感はありませんでした。

実験データ集計になった頃、長期休暇でチューリップとアンネフランクの家を見に
オランダを訪れました。その際、レストランでウェイトレスとおしゃべりし、自分の
英語がそこそこになった事を実感しました。

英国でも、週2回二人の英会話の先生に指導を受け続けておりましたが、
「英語が通じるし、よく解る」と感激したのは、まさにオランダ旅行での出来事でした。

それから早いもので、20数年が経ちました。経年変化、劣化の今です。

又、改めて英語を勉強しなおそうかな?等と感じております。
が、子供達の将来を考えると、優先順位は低いかもしれませんね。


  1. 2014/09/03(水) 07:42:55|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『夢21 十月号』明日発売!驚愕のキクイモ効果に今後も目を離せない。


いよいよ明日9月2日『夢21 十月号』(わかさ出版)が発売されます。
夏休みのプールサイドで電話取材、メールでのやり取りを経ての出版です。

本日、出版に先駆けて送られてきました。

わかさ

99ページから4ページ分が私の担当でした。スクープ特集『慢性腎臓病』について
『キクイモ』が・・・。という記事になります。詳細は本屋さんにて購入の上、御読み下さい。

今回の記事で、私が6月まで勤務していた病院の外来では、慢性腎臓病(CKD)は少なかった
ので、糖尿病で血液検査をしていた患者さんのデータが主で、ほとんどが正常範囲内での
動きでした。

ただ、正常範囲内であれ、血液検査のBUN,クレアチニンという毒素のデータが低下していた
のは事実です。

実際にCKDである、お二人の血液検査データは間違いなく低下を示しました。
糖尿病合併ケースで、血清クレアチニンは1.75 ⇒ 1.43mg/dl、
非糖尿病の場合、1.78 ⇒ 1.38 という改善でした。

これは大変画期的な事実と思います。本来、透析でしか低下しない数値として
捕えられておりましたから!

幼馴染のY君に話したら、「0.4下がる事が凄いんだ !?」と、言ってました。

「そーなんです。凄いんです!」

透析患者さんには希望の光となるでしょう。又、国の医療費削減にも貢献出来ると
考えます。ただ、透析により利益を得ている方々には、目の上のタンコブ?
有難くない事実かもしれませんが・・・。

興味がある方は是非御読み下さい。又、周囲にそういった方がおられる場合も
勧めて頂ければ幸いと感じます。

今回の取材に際し、【キクイモ】【イヌリン】【腎不全】【腎機能障害】【透析】といった
キーワードで調べましたが、世界中の論文にその記載はありませんでした。

元々、『イヌリン』は腎機能障害検査で使用されます。ただ、検査そのものに手間が
かかる事から、簡便法である『クレアチニンクリアランス』が使われています。

『イヌリン』は、血液の中のたんぱく質と結合せず、生物学的活性がありません。
また、イヌリンは体内で代謝されない為、静脈中に投与されて腎臓で尿中成分として
排泄されます。が、腎臓の糸球体からのみ排泄され、他の部分からは排泄も再吸収も
されないことから糸球体濾過量を測定するための最適な物質です。

検査法として広く知れ渡っている『イヌリン』が、腎機能を改善させるとは・・・。

私も驚いております。
腎臓専門医、透析医も間違いなく驚きでしょうね!

これを御読み頂いている医師、研究者、医療関係者の方々。世界初の論文が書けるかも
しれませんよ!但し、イヌリン品質等多少のコツがあるかもしれませんのでご注意下さい。

先週、私の担当についてくれている外来看護師さんが便秘で悩んでいると聞き、
私が愛飲するキクイモ茶、『サンテライズ』を差し上げました。同僚の妊娠中看護師と
分けたようです。

妊婦さんにも大変良いと解ってますので、自身を持って勧めました。
鶏、ウズラの卵にも好影響がある事が判明してますので、人間の卵にも!という訳です、

妊婦さんは1回しか飲んでないからか、便通への影響は未だ体感していないようですが、
担当看護師さんの報告では「便通は未だですが、足の浮腫が無くなりました!」
大変大喜び頂けた様子でした。

彼女曰く、一日外来で仕事していると夕方には下肢浮腫の出現が日常的で、職業病だそうで !

便通については、一時的にでも増量する事で間もなく改善するでしょう。
楽しみですね。

その話をキクイモ第一人者であるN氏に報告したところ、次なる治験テーマを頂戴
しました。詳細については、私も世界初の論文を書きたいので、お話出来ませんが
色々な可能性と高いポテンシャルを持つ『キクイモ』です。

今後も目が離せません!




  1. 2014/09/01(月) 21:22:48|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
キクイモについて (172)
日々の診療徒然 (78)
独り言 (183)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR