FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

紺碧の空(応援団)と先人からの教え


本日午前の診療後、上京。
昨日ブログでも触れたT氏とお会いしました。

宇都宮を13時54分発の新幹線に飛び乗り、東京駅の日本橋出口から大手町へ。
(スマホ片手に、進行方向最後方が便利でした。)大手町から東西線にて約10分。
待ち合わせの場所へ赴きました。15時半から約1時間、御忙しい中、貴重なお時間を頂戴しました。

大変穏やかで上品な方で、私の手土産の拙著書と先日記事掲載の『夢21(わかさ出版)』に
「この上ない贈りもの」と喜んで頂きました。

初対面の事も忘れて、ご多忙の中、お話が大変盛り上がりました。(失礼は無かったかと・・・)
T氏は医師は勿論、某有名大学教授、学長、理事長といった医療関係者、政財界、芸能界と
幅広いご人脈をお持ちだそうで、田舎から上京した私は目をパチクリ。。。

そんな氏も『キクイモ』の効果を実感されている様子ですが、周囲の医師連は
ほとんどが認めようとしないそうで、「医者は頭が堅い!」と。(私も・・・イシですが。
ただ、一般的には私も賛同意見ではあります。)

そして、最近の若い医師は医師としてというより、人としての教育が出来ていない者が多いとも
嘆かれておりました。

氏の質問で、「なぜキクイモを?」とありましたので、今迄の経緯や考え等をお話致しました。

ロンドン留学時代、帰国に当たり一緒に酒を飲み交わした友人のRohit(ローヒット)から、
「お前はこれからの人生で何人の患者を救えるか?」と尋ねられ、外来・入院等1週間で診察する
患者数と働ける期間を考えておりましたところ、彼が「俺は今、何も出来ていないが、近い将来世界中の
患者さんを研究・開発する薬剤で救うのだ!」とスケールの大きな話を聞きました。

彼は確かに優秀で、毎夜実験室に泊まり込み、睡眠も実験台の上という真面目人間。(酒癖は悪かったが)
彼の兄上はインドから南極観測船に乗っている優秀な学者だそう。兄弟皆国費留学しているという人でした。

帰国したその後、彼からの言葉が頭に残り、「自分に何が出来るか?」模索しておりました。

私自身、大学で内分泌代謝科に所属し、多くの糖尿病患者さんの診療に携わっておりました事から、
食事指導によるストレス・苦痛を和らげる術は無いか?!考えておりましたので、キクイモと出会い、
その効果を実感した事により、これを一生の仕事、ライフワークとして取り組みたいと考えている。とご説明しました。

そして、出来れば多くの方の病気療養(特に糖尿病食事療法の制限ストレスからの解放)や予防に貢献し、
結果、健康推進が出来たら嬉しく思うとお話しましたところ、
「是非おやりなさい!応援します。」というお言葉を頂戴しました。

そして、人に役に立つというのは、かの『大隈重信先生』も仰ってます。と、
5つの教訓を教えて下さいました。

(1)怒るな
(2)愚痴をこぼすな
(3)過去を顧みるな
(4)望(のぞみ)を将来に置け
(5)人のために善をなせ

大変、感銘を受けました。今後の糧にしたいと強く感じました。

早稲田大学は、私の大好きだった祖父が法学部卒でした。第2次大戦時には陸軍少尉として
ラバウルの最前線で戦い、戦死の報が新聞に掲載されましたが、ロシア軍の捕虜となった後、元気に帰還。
89歳迄生きました。その祖父から「生きる」という話をよく聞きました。
(私強い影響を与えてくれた、祖父の話は後日ご紹介しましょう)

子供の頃、祖父と一緒に寝た寝室には今村均氏の書があったのを覚えております。

T氏と固い握手を交わし、再会を約束し面談終了。


その後、東西線沿線でもあり。早稲田の大隈庭園から早稲田大学等を散策しました。

早稲田1

早稲田2


残念ながら、『大隈庭園』は16時が閉園でしたので、垣根越しの撮影でした。
その後、『紺碧の空』歌詞記念碑を見て、

早稲田3

大学へ。

早稲田4

早稲田校歌「都の西北早稲田の杜に ~ 」

早稲田5

そして、いらっしゃいました!
大隈重信大先生にご挨拶。何処かの高校生達も記念撮影していました。

早稲田6

長女の住いからも決して遠くない場所なので、今度『大隈庭園』は出直して来ましょう。

夜は長女と新宿で待ち合わせし、夕飯を一緒に摂りました。
高層ビル50階からの夜景と美味しいお料理、お酒に大満足!

新宿夜景1


しかし、上からの景色を見ると、改めて『人間ってちっぽけなモン』ですねー!


  1. 2014/04/16(水) 01:07:22|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日光の春を告げる『弥生祭』とキクイモによる復興 | ホーム | 抗癌剤副作用による強飯式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/100-a64201e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR