FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

子供達に、お母さんの【キクイモ除染】手料理

久々に朝からノンビリしております。

とはいえ、朝から『主夫』としての役割を果たしております。

朝ごはんを作り、次女に手作り弁当を持たせ、塾に送りました。
昨夜の夕飯の残りを詰めただけの話ではありますが・・・。

暑さもあり、スタミナをつけないといけない!と、昨夜の夕飯は
豚肉のスタミナ丼とワカメの味噌汁、茹でトウモロコシに枝豆冷奴。

朝食はオートミール。昼食は子供達が出掛けているので、簡単に済ませ
夕飯はチキンカレーにでもしようかと思っております。
家内が留守中、外食はあまり致しません!

どうしても栄養が偏るのと、子供達は私の手料理が好きなようでして。
お世辞でも美味しいと言ってくれると、面白がって、ついつい調子に乗ります。

ただ、好き嫌い無く沢山食べてもらえるように、それなりに工夫します。
子供達は野菜を避ける傾向があるので、細かく刻み、ドライカレーにしたり
ソースに混ぜる等思案致します。

以前の職場では、比較的早めに帰宅出来たので、買い出しから調理・後片付け
まで、一人で行い、奥さん孝行してきたつもりです。ただ、やり過ぎますと『つけ上がる!?』
かも・・・。(あとで読んで叱られるかも)

毎日の炊事をしている世の奥様方、美味しい物を作るだけでなく、栄養価、手際そして
家計と、大変なお仕事です。ご苦労様です。

主婦の仕事に給与を出すと、大変重労働で高給なると、以前本で読んだ事があります。
ましてや仕事を持つ奥様方には尊敬の念さえ抱いてしまいます。

子供を持つ親として、栄養価はさることながら、健やかな成長を願う事は必至です。
血・骨・肉となる栄養素を十分にバランス良く摂ってもらおうと努力するわけです。
好き嫌いをしないように、肉・魚・野菜をしっかりよく噛んで!といった具合です。

一緒にお仕事している父の友人、I先生は患者さんに「必ず30回は噛むように!」
と仰っております。


しかし昨今、放射能汚染による心配があります。摂取する事により、成長どころか
内部被爆が起きてしまう危険性があります。洗っても、火を通しても放射性物質を
取り除く事は出来ません。

如何にして、除染するか?!そして、内部被爆を防止するか!?これは切実な問題です。

ウラジミールバベンコ氏*(べラルド放射能安全研究所)が、震災後半年で来日し、各地で
講演された際にも、キクイモのお話をされてました。氏の著書『自分と子供を放射能から守るには』を
私も購入、読みました。

(*氏に関して、「反原発工作員」等と記しているブログも見掛けるが、そういった発想は
原発推進者なのか、或いは・・・。と思わざるを得ない。)

その中のレシピ、調理法を参考に実践しましたが、『キノコ』の調理は面倒くさくて
「こんなに神経使う位なら食べない!」と思う程。

それなら、断然『キクイモ』の摂取がお薦めです。

我が家の場合、キクイモ加工品を料理に使用します。
精製されたキクイモイヌリンを、炊飯する際、御味噌汁の中に、そして肉・魚の味付けに使います。
精白キクイモイヌリンの粉は各大匙1杯入れるようにしております。

このイヌリン粉、大変湿気易く、扱いに慣れないと面倒に思いますが、水に溶けやすいので
どんな料理にも使用可能です。イヌリン含有90%以上の良質のものをお薦めします。
多少甘味もありますが、カロリーは低く、何しろ血糖値は上がりません。大変な優れ物です。


生活習慣病は、生活習慣を見直すことにより、改善する事が可能な病気です。ちょっとした
工夫で、簡単に継続出来る方法により改善したら素晴らしいでしょう。

何かを我慢するストレスより、ちょっと加えるのなら出来ますよ!
以前、糖尿病患者さんで、大酒呑みの60代男性がおりました。禁酒は勿論、減酒・休肝も
困難な方でした。

ある時、キクイモの焙煎茶をお薦めしたところ、気付くと『キクイモ酎ハイ』なるオリジナル
メニューを考案され、楽しんでおりました。その後の糖尿病状態も改善の一途。
薬は減るし、酒は飲めると大喜びしておりました。

その上、放射能に対する効果があるとなると、本来であれば大きな噂になる筈です。
それがこれまで公になっていない状況は何故でしょう?
色々な闇の力、知られてはマズイ、利権を貪る輩がいるのかもしれません!

当ブログを読まれている、賢明な方々には是非ともお試し頂きたいと思います。
キクイモで健康維持、そして長寿を。

長野で、キクイモを使って、寝たきり半減運動がNPO活動で行われました。
先日伺ったお話ですが、「成功した!」というお話です。
平均寿命と健康寿命の格差が半減したのではないかと考えております。

これから、日光市から栃木県、日本そして世界へ。この大きな素晴らしい情報の
波を興していきたいと考えております。

  1. 2014/08/16(土) 13:01:46|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素晴らしい実のりを! | ホーム | 暑い中、(心の?)洗濯・(鬼のいぬ間の?)除染。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/171-902da4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR