FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

化学〇〇と〇〇学者に惑わされる事無く、健康で!


本日も当直明けです。
ただ、運が良い事にグッスリ眠れました。

朝風呂を浴び、身支度、軽い朝食を摂った後、直ちに今週が
始まりました。

今月3月から月曜日午前の外来診察が午後に変更となった為、
午前中は病棟の仕事に集中出来ます。週末を挟んだ為、様々な
指示があります。

お蔭で、夕方久々に落ち着いた時間が確保出来ました。同僚の
O医師と医局で色々な話が出来ました。彼は私より一回り位年下。
大変優秀で、熱心な医師です。

色々と教えてもらう事もあり。一緒に仕事していて助かっている事も
多くあります。

数日前に送られてきた、私が投稿した記事が掲載されている某機関誌を
お分けしました。特集記事で、『自然と共に日本食』という題名で昨年末
依頼された原稿です。

1月号掲載予定という話でしたが、3月号となった様子でしたが、諸事情あるでしょう。
字数、〆切を遵守し、言葉遣いにもかなり気を使いましたが、一部分校正されてました。
その中で、私の心意とは異なった表現があったのが、残念で致し方ありません。

その一文は「あえて申すならMADE IN CHINA に国民は手を出さなくなってきている。」と
いう箇所でした。

確かに、2007年から2008年にかけて起きた中国餃子による食中毒事件は記憶に新しいです。
しかし、私の知る範囲では、中国からの大量輸入を考えると、アメリカ等その他の国
からの食中毒の率の方が高いと聞きます。

勿論、粉ミルクにメラミン混入し、乳幼児に腎結石、春雨に漂白剤、下水道汚水から食用油、
基準値を上回るカドミウム含有米といった事実もあります。
敬遠される理由もあろうかと思いますが、少々見直す必要も感じます。

輸入食品監視統計によると、中国産検査数量が多いが、違反割合は0.22%でアメリカの1/4
残留農薬検査では国産0..34%に対し、輸入品0.21%の基準値を超える農薬を検出したそうで、
国内都市部においては、無農薬栽培をしても土壌全体が汚染されている危険性がある事。
そして輸入食材と異なり、残留農薬検査も無いといった状況から国産=安全と言い切れない部分もあるようです。

というのも、中国産のキクイモで甘粛省(敦煌近く)で栽培されているキクイモのイヌリン含有は47%、
一方国産のキクイモの場合、42%のイヌリン含有と農薬による土壌の『地力』低下が危惧されます
(勿論、国産でも場所によるでしょうが・・・)

ただ、少なくとも国産が安心・安全というのは迷信或いは情報操作の危険性もあるという事を
憶えておく必要があろうかと感じます。
それを証拠に、専門家の間でも国産品より中国産の方が安全という声もあります。

日本農産物安全神話は崩壊している模様です。農薬、化学肥料、除草剤、殺虫剤等は使用せず
自然の農法に回帰すべきタイミングにきているのかもしれません。
そうしないと、栄養を語る事が出来ない物を食べ、病気になり易い体質を作る事になるかもしれません。

便利な時代になりましたが、自然と調和するべき時なのでしょう。
原発問題も同様ですが、御用学者による情報操作等に惑わさる事なく、しっかりとした情報を
得て、自身の責任で健康管理をしていく時代に突入したと感じます。


  1. 2015/03/02(月) 19:16:25|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<視察旅行。五感を働かせよう! | ホーム | 当直明け。再び『死』辛い別れについて考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/272-05b1cc23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR