FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

目標は「『キクイモ』とその効果を広げましょう!」


当直明けです。

外来患者さん達の糖尿病の採血データがどんどん改善している印象です。
先日の講演会でもご紹介した72歳女性も3月HbA1Cが10.1から3か月で6.2%
本日受診された方々でも、個人差はありますが、8~12%のHbA1Cが7%に!

患者さんと共に喜んでおります。少しずつでも改善してくると、皆さんの
表情が明るくなり、前向きになってきます。

良質なキクイモを摂取する事が一番の治療で、多少なりとも食制限のストレスから
解放されるとなると、治療効果を期待し、血液検査の結果が楽しみになるようです。

とても良い雰囲気です!

もっともっと多くの人にお知らせしていきたいと感じます。

昨日、当直の際、面会に訪れたMR(medical representative:医薬情報担当者)で
72歳のHbA1Cが10.1から6.2%に3か月で改善したケースについて報告したところ、
「そんな!我が社の薬でそんなに短期間で良くなる事は・・・」

大変驚いておりました。古くからの友人でもある事から、私が『キクイモ』について
研究している事も伝えており、彼の会社の製品を使用したケースについても
既に伝えてありましたが、余りにも正直な感想でした。

私自身、患者さんの状態が改善するのであれば、どんな方法でも!
そして、取り組み易く、継続出来る、ストレス少ない方法であれば!と言う考え方です。

大学医学部で教えられた方法が全てでは無い!と思っておりますから。
どんなモノにでもチャレンジすべきでしょう。医師でさえ『溺れる者は藁をも掴む』のです。
国営放送ではありませんが、試してガッテンすれば良いのでしょう。


同僚のS先生の『人生賛歌』の歌詞に「奇跡の命を授けられ」というフレーズがあります。
それについて、作詞者が歌手に「きちんと意味を理解するように!」と伝えたそうです。

私達の身体は60兆個の細胞で出来ている事を御存知の方も多いでしょう。
その細胞は最初は1つから始まります。細胞分裂という分化を繰り返していきます。

その最初の細胞は受精卵です。3億~5億分の1の確率で出来た命です。
(3分の1は着床出来ず知られずに消滅してしまう。)
こうして奇跡の生を受け、成長・発達していく貴重な人生なのです。

選挙権が18歳から与えられる事も大切ですが、その一方で人の命を殺めたり
自ら絶ったりというとても悲しいニュースが連日目に飛び込んできます。

将来の日本、世界を背負う方々の健康の為、生まれてくる子供達の為、
力を尽くす事が今の大人達がすべき最優先事項と考えます。
奇跡の命・貴重な命を活かすたった1度のチャンスが人生でしょう。

たとえ結果的に大きな事が出来ずとも、大きな夢を持ち、
叶える為の努力を惜しまずに希望を持ち続けたいものです。

  1. 2015/06/19(金) 19:11:40|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛娘誕生日と父の日イブを家族で祝いリフレッシュ | ホーム | キクイモ打合せ目白押し。忘れない様に記録しましょう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/327-31daccb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR