FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

50年に1度の栃木豪雨 御見舞有難うございました。


当直明けです。そして嵐も明けました。

早朝から沢山の御心配・御見舞の電話・メールを頂きました。
有難うございました。心から感謝致します。

お蔭様で宇都宮の自宅、日光の両親も特に被害無くてすみました。
昨日の未明から栃木県全域に大雨特別警報なるものが出ました。

家内は深夜のニュースで知り、一晩中眠れなかったそうです。
かく言う私は高いびきでした。それを見ていた家内は早朝から私に
「全く呑気に鼾(イビキ)かいて!」と言っていました。

私も「情報でヤキモキして、それで何か我が家に起きたの?
一晩中起きていたから???だから何か?」と。
朝から雲行きが怪しくなりました。

「そんな事より、しっかり眠れる時に寝て翌日に的確な判断を下す必要が
あるでしょ!ましてや当直入りだよ!!!」と勝手な事を言い残し、
臨時休校の子供達を尻目にいつもより早く自宅を出ました。

すると、学校が臨時休校である事や、仕事もお休み(?)の方々多かったのか!?
通常、雨の時に混雑する道路がガラガラ。スムーズ過ぎて気持ち悪い程。
10分程度の筈(降雨時は15~20分)が、5分で到着。
途中のコンビニで当直用グッズを購入しても早朝出勤?

私が勤務する病院は宇都宮の西端、鹿沼寄りです。農道を挟み、姿川が流れています。
平成10年の台風10号の(西川峰子さんの那須の別荘が流された)際には、その川が氾濫し、
桜の木が流され、院長の車が被害に遭ったとか、上流から牛が流れてきた(?!)という話です。

少々心配しつつの出勤でしたが、今回、病院は無事でした。しかし、姿川下流は氾濫し
通行止等で大渋滞だったとか。又、鹿沼・栃木・小山・日光(鬼怒川)と広範囲な被害に
見舞われた様子です。鹿沼でも市街地で土砂崩れにより死者が出たそうです。

栃木県は内陸で、天災による被害は少ないと感じておりました。時に雷や竜巻の被害は
ありましたが、台風も上陸後に勢力が弱まりますし、海無し県だから津波もありません。
心臓の形をして、日本のど真ん中という風光明媚で温暖。暮し易いノンビリした環境。

それが、今回は栃木県から始まり、栃木県の上を通過。全域が特別警報対象に・・・。
驚きました。ただ、山あいですから、山から海に流れる水の量が半端なく、茨城県の
被害を心配しておりましたところ、栃木に遅れつつ常総市を始め被害甚大だったようです。

亡くなった方のご冥福をお祈りし、被害に遭遇された方々のお見舞いを申し上げます。

今朝は暑いぐらいの天気となりましたが、爪痕が明らかになっております。
私は当直で、24時間以上病院の中でしたが、院内から見える景色により状況の変化をテック
しておりました。

IMG_2994.jpg

IMG_2995.jpg

上が昨日10日の昼間。下が本日11日の昼間です。
上の写真の川の向こうに歩道とその先に田圃があります。

よく見ると川の対岸土手の草が倒れており、10日未明は水かさが歩道レベル迄50cm
程度にまで迫っていた事が伺い知れます。

今日には、川岸の石垣も見えて来たので、やっと一段落、落ち着いた印象ですね。

ただ、同僚の医師が大幅に遅刻してきたり、大谷石で有名な、大谷地区の看護師自宅が
床下浸水した、といった話が聞こえて来ました。

又、東北出身の同僚の話では、友人からお見舞いの電話があり、「テレビで様子を見て、
東日本大震災の津波を思い出した。」という話を聞き、未だにトラウマに悩まされている事を感じました。


1週間後は『看取り講演会』で最後の準備に集中している真っ最中ですが、
高齢者が最期を迎えたい場所は自宅を希望するが60%だそうです。しかし、現実には
2割以下である状況。その背景には家人に迷惑が掛かるといった想いがあるようです。

天災により、或いは原発事故により故郷を追われてしまった方、現在も避難生活を送っている
被災者の方々がおられます。
高齢者の看取りについて考えると、自身の故郷で愛する人達と、自分らしく居られる場所
自宅で最期を迎えられる日が1日も早く来る事を祈念致します。


  1. 2015/09/11(金) 19:28:03|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震・雷・火事? オヤジ講演準備追い込み中  | ホーム | 台風18号避難勧告と御満悦の濡れ鼠ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/366-7f37eff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR