FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

間もなくクリスマス


午前から子供達のクリスマス音楽会に参加しました。
長女の時から10数年以上参加しております。

この日の為に、子供達が先生に厳しく指導されながら
時には涙を流し、懸命に頑張って練習してきた課題曲を
各学年2曲ずつ演奏します。

小学1年生から6年生まで、小さな子供達が成長し、立派に
なっていく姿に毎年感動を覚えます。

親御さん達も運動会同様に、ビデオ・カメラ撮影に夢中に
なってしまいます。

記録に残したビデオは今夜夕飯時に家族皆で観ますが、
来年の運動会まで、そのままになってしまう怠惰な父親で
申し訳ないと毎年反省しています。

さて、今年もクリスマスが近づいてきました。
街はイルミネーションで素敵に彩られてます。

昨年は長女の受験対策で上京し、勉強の最中に二人で夕食を
共にした後、見たクリスマスイルミネーションを思い出します。

2012クリスマス夜景

妹弟はサンタクロースを待ち遠しく思っています。


キクイモについても素敵な情報が、クリスマスプレゼントの如く、
入ってきました。

2013年 第11回日本機能性食品医用学会総会において、キクイモの
糖尿病についての検証が発表されました。

2013学会ポスター2

ポスターでありますが、大変画期的なお話です。

12月7日の当日、私も参加するつもりでしたが、土曜日で午前中診療も
あった為、残念ながら参加出来ませんでした。

数か月前から楽しみにしておりましたので、ガッカリしましたが、
学会ポスター発表の場合、午後から行っても説明者がその場に留まって
いない事や、午後にはポスターそのものが外されてしまう可能性も
ある為、やむなく欠席しました。

又、驚きはこれにとどまらず、業界誌『新薬と臨床』にも【サプリメント】について、

「アメリカンサンフラワーズポテト(ASP)が高血糖者のHbA1cにおよぼす影響 」

という表題の論文が掲載されております。


『新薬と臨牀』は,わが国最初の薬物療法の専門誌で、1952年(昭和 27年)に創刊。
医学・薬学に関する基礎から臨床まで,研究論文を幅広く掲載されている
伝統と権威のある業界誌です。

私の身内の医師も、その報に触れ、「凄い事だ!」と驚いておりました。

これで、多くの研究者、医療従事者、その他関係者の目に留まる事になるでしょう。
大変革命的な事象で、心から喜んでおります。

キクイモが認知され、日本に限らず、世界中の多くの方々の健康を守る役割を
担う日も近いと信じます。





  1. 2013/12/21(土) 19:33:44|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キクイモを摂りましょう。 | ホーム | 連作障害!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/39-d8ae0cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR