FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

慌しい毎日ですが・・・。


今月初めての更新となります。

忙しさにかまけて、ブログ更新を怠けておりました。
先月も猛省した筈なのですが・・・・。

4月の診療報酬請求を5月9日に仕上げ提出しました。
不慣れな上、ゴールデンウィークと診療報酬改定が
重なり、ストレス多く。と再び言い訳。

2月の請求も返戻の嵐で。決して不正をしているのでなく
請求先の間違いや綴り方・記載箇所等の不備が重なりました。

ですから、2か月後に入る診療報酬が入らず。悪戦苦闘中です。

辛うじて、水・木曜日のアルバイトで食べている様な状況です。

もう暫くはこのような状態(余裕の無い)が続くのかも!?です。

毎週水曜日は午前の勤務病院での外来。昼過ぎ嘱託契約の特養施設
回診。夕方から2時間半市内のクリニックで診療に従事します。

木曜日は午前日光市の獨協医大日光医療センター糖尿病外来勤務、
隔週第2・4週は夕方迄。第1・3週は産業医活動とミッチリの
スケジュールです。

訪問診療も火曜日・金曜日と徐々に始まっております。

その内の御一人、神経難病の男性が便秘で困っております。
血圧の変動が激しく、浣腸や座薬を使用しますと、肛門括約筋反射で
血圧が急降下するので、使用禁忌です。

そこで、前回の訪問時に私の愛飲する『キクイモ茶』を謹呈しました。
本日診察日だったので、摂取した結果をお尋ねしたところ、「・・・・・。」

やはりタダで貰う物には有難味が薄れるのでしょうね。
1~2回摂って止めていた様子でした。言語障害がある御主人が
「そう言えば、摂って3日間は出てたかな?!」

「奥さん!貴方が作って飲ませないと効果は実感出来ませんよ!」
何しろ、御主人は寝たきりなのですから!!!
ましてや御主人糖尿病のデータも悪化しておりますし。(HbA1C 8.0%)

どれだけの期間でどれ程改善するか?見物ですね。


昨日、医療センターでの外来でも、糖尿病で肥満の50代女性が受診され、
当日の血液検査で中性脂肪900以上!
母上も糖尿病があるそうで。

早速、キクイモ茶を提案しました。
鬼怒川在住の方だそうで、大変ラッキーですね。

昨日から鬼怒川温泉駅前のフタバ快生堂でキクイモ茶『サンテライズ』が
発売開始となりました。

宇都宮市で3か所、栃木市1か所、東京都1か所、山口市(全国通販)に続き
日光市では3か所目の販売店となりました。

どんどん普及して、糖尿病の治療にお役立て頂きたいと思います。

今年1月の『月刊健康』に掲載された、血液データ改善例の御婦人が
先日も外来に見え、引き続きHbA1C 5.8%という状態(1年前は10%越え)
わずか4か月で嘘の様です。と感激されておりました。

皆さんが笑顔になると良いですね。


さて、『月刊健康』(主婦の友社)といえば、6月号に私のお勧めする
運動療法が掲載されます。拙著『糖尿病を治したい人はキクイモを食べなさい』
にも記した方法ですが、未だご存じない方は是非ご覧下さい。

そして療養にお役立て頂けたら!と思います。


慌ただしい日々ですが、温暖で過ごしやすい季節になりました。
日々の生活に運動を取り入れたいものです。私のご紹介する運動療法は
全天候型、お財布にも優しい、省スペースの優れものです。


本日、親父が趣味で育てている『牡丹』が大変美しく咲いておりました。
とても癒されます。少々お裾分け致します。

牡丹2016


  1. 2016/05/13(金) 20:02:52|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<訪問診療で担当する神経難病と清原ニュース | ホーム | 新学期。慣れるのに少々お時間頂戴。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/403-0eb358ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR