FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

本物の餌を御自身のペットに与え、健康寿命を延ばしましょう!


先日の外来患者さんの付添いの方も「実は私糖尿病で、インスリン注射と透析をしてます。」
本日受診された患者さんも「家内が糖尿病で、先生が薦める『キクイモ』茶を飲ませてます。」
「御陰様で大変良くなっており、主治医にも褒められてます。」

この主治医は、私が非常勤勤務する病院の後輩でして・・・。
患者さん本人が『キクイモ』摂取について、医師に話す事は少ないと以前申しましたが、
本ケースも告げてないそうです。

当然、主治医は「良く頑張ってますね!」と言いつつ、心中『私の御陰!!』位に思っている
のでしょうね。却って患者さんが気を遣って『キクイモ』摂取を告げていない場合もあるみたいです。

特に『キクイモ』の場合、比較的速やかに効果が現れます。早い人は3・4日!!遅くとも
1週間から10日で、何かしらの変化を感じる様子です。私の勧める『キクイモ』茶は1パック
30包入りですから、1日1包摂取で1か月分になります。

便通が良くなり、その他の部分でも体調の変化に気付く筈です。但し、常に申しますが
個人差はあります。時に腹部症状やアレルギーが出る場合も(本当に稀です。)有りますが。

便秘の方は便通が改善しますから良いのですが、日頃便通良好の方で下痢に傾く方がおられます。

実はこれには訳があるみたいです。

小腸の絨毛上皮という吸収に関わる細胞が、日頃摂取している食物、食品添加物、薬等により
ただれ、手術の痕跡のケロイド様になっている様子でして。それが『キクイモ』摂取によって
内側から元気な細胞に置き換わる為、下痢として反応するという話を聞いた事があります。

私自身が確認した訳ではありませんが、電子顕微鏡レベルの話ですから、
どちらかの大学研究室か研究機関の研究結果だと思います。

以前、某エステ店の若い女性が「下痢をしてしまったので、私には合わないので止めました。」
と言ってましたが、残念な話なのかもしれませんね。

便通が改善する理由として、『キクイモ』のイヌリンが腸内細菌善玉菌の良い餌となります。

腸内細菌は100兆とも1000兆ともいる(重さにして約1kg)と言われております。
人間の細胞が60兆ですから、その数は大変なものですね。この腸内細菌が何時、どのように
私達の体内に存在する様になったのか?
お母さんの胎内で授かったとも、産道を通過する際等色々言われてますが。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がおります。
善玉菌の代表が乳酸菌、悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌がおり、悪玉菌は有害物質を
作りだし、腸内で腐敗を進行させます。

この腸内細菌叢、善玉菌は20%、悪玉菌10%、日和見菌が70%程度の比率で我々の腸内に
存在します。が、生活習慣特に栄養バランスの悪い食生活やストレス、病気、抗生物質服用
老化によっても腸内細菌バランスが崩れてきます。善玉菌が減り、悪玉菌が優位になってしまいます。

日和見菌とは、優勢な側の味方に付くので、善玉菌が劣勢になると、日和見菌が優位になった悪玉菌の
味方になりますので、色々な病気・合併症等を引き起こしたり、老化減少に拍車が掛かります。

ある細菌学者が、高齢、著名な医師であります日野原重明先生の大便の研究をする為、日野原先生の
後を追いかける(金魚のフンの如く)といった噂話を聞いた事があります。(真偽のほどは???)

現在、医学会を始め、種々の研究機関において、腸内細菌の研究が盛んに行われている様子です。
免疫系、生活習慣病治療等にも関係が深いという事が判って来ております。微生物によって人間の寿命が
決まっている可能性もあるのです。

健康寿命を延伸させ、寝たきりを防止する!といった観点からはこの話は無視できませんね。
9月3日の市民公開講座においても、この話をさせて頂きました。

腸内細菌の話図2


そんな事で、皆さんの便通は如何ですか?糖尿病をはじめとして、便秘の方は御気を付け頂きたいと
思います。腸内細菌善玉菌は元気ですかね?
「毎朝ヨーグルトを食べてますから!」と仰る方々も多くおります。

ただ、その方の腸内細菌叢とそのヨーグルトの株が合っているかは分かりません。
星の数程ある自身の腸内細菌に合うヨーグルトが判明していれば幸いですが、自身に有用な乳酸菌株を
使ったヨーグルトが発売されているか?同定されているかは分かりません。

ある方が「このヨーグルトお腹に良いから試してみたら!」と言われ早速摂取したが全く効果なし。
といった経験もあるのではないでしょうか!?


『キクイモ』のイヌリンは、自前の善玉菌の良い餌になります。だから皆さん便通が良くなる!
といった変化を直ぐに体感する訳ですね。

昨年NHKの『試してガッテン』という番組で、日本内分泌学会会長である慶応大学の伊藤先生が
「私達の腸の中にはペットがおり、そのペットに餌をあげる必要がある。イヌリンが良い。」と
話しておりました。ただ、残念なのは、私が推奨する『キクイモ』の名前が出なかった!

私達の腸内のペットは私達の傍にいて、私達の生活習慣を見て、影響を受け、そして重大な役目を
果たしております。是非、良い餌を与えてあげて下さい。
何時までもお元気でいて頂く事を心から願います。

私の推薦する餌はこちらです。⇒ 暮らしの幸便(先日の市民公開講座の際にも試飲会で大好評でした。)


  1. 2016/09/17(土) 07:50:17|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 驚愕のキクイモ効果!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/413-f762dcb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR