FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

『からだにいいこと』7月号


昨日、『からだにいいこと』7月号 (祥伝社)が発売になりました。
119ページからだにいいコトバ事典のキクイモについて、今回は
顔写真入りの記事で掲載されております。

からだにいいこと7月号b


今年、4回目の月刊誌掲載となります。
月刊健康誌『健康』、『夢21』、『わかさ』、そして今回の『からだにいいこと』。

各誌、コンセプト、独自の目線、趣向を凝らし医療人としても
興味深い内容が掲載されております。
今回は「下腹ポッコリ」解消法でも学びましょう。

私の診療所待合室にも、掲載誌をおいてありますが、患者さん達も
私の記事以外の情報を仕入れられている様子です。

今回の担当しました記事内容の詳細は著作権に抵触する関係上、触れる事は
出来ませんが、『キクイモ』のコツについて多少触れるように心掛けました。

当ブログの読者には、物足りないかもしれませんが・・・。
(日頃からキカナイ云々申しておりますから)
それでも是非御一読下さい。


さて、話変わりまして、昨日の外来で糖尿病患者さん女性が来院。
70代女性で、インスリン注射をされております。

ご主人に言われ、餡子を炊いてます。といった話でして、
私に「アンコ炊いている家で糖尿病の食事療法は出来ませんよ!」と大目玉。
勿論、摂らなければ良い話なのですが。

ご主人からは「アンコは大丈夫だから食べろ!」と強く勧められるそうでして。
『キクイモ』を摂取するのみならず、娘さんは嫁ぎ先で『キクイモ』の生産に
携わっております。

徐々に体重が増えております。自己血糖測定結果を見ても不審な変動があり、
「これは食事療法出来てないでしょう?」と詳しく尋ねると、アンコの他にも
揚げ物、早食いといった私の指導に反する行為がイモヅル式に・・・。

『キクイモ』が万能薬と信じるのはご自由ですが、決してそうではない!と
ご説明しました。食事療法のストレス軽減には大いに役立つし、苦労されている
方々には朗報である事は疑いありません。

ただ、過信して『キクイモ』を摂っていれば大丈夫!と思われてもいけませんね。

何しろ『キクイモ』は腸内細菌の良い餌になるイヌリンが豊富である事が重要ですし、
腸の蠕動運動を亢進させます。結果、便通改善効果が期待出来る、一方で
大変お腹が空く事になります。

そこで好きな物を好きなだけ食べておりますと、体重増加・体脂肪増加に至ります。
体脂肪が増加するとインスリンの効きが悪くなります。インスリン抵抗性が増し、血糖上昇
結果につながります。

ダイエット効果があるといわれる一方で、摂取の仕方によってはこういった悪循環に
陥る危険性もはらんでいます。

やはり基本的には食事療法は不可避という事なのかと考えます。
ただ、摂取の方法によっては、満腹感が得られ、データ改善をたどる方々も多いので
希望が持てるものです。決して諦めないで下さい。

過信は禁物、『キクイモ』を摂ってれば、好きな物をタラフク食べられるといった勝手な妄想は
いけません。ましてや、ご自身の摂っている『キクイモ』は本当にキクイモ?
もしかすると『キカナイイモ』?

後者だともっと悲惨なお話が待ち受けるのかもしれません!



我が家の庭先の、放置プランターキクイモ(多分キカナイイモ)が今年も元気に育ってます。
周りの枯れた部分は昨年の茎です。恐ろしい程の生命力ですね。

我が家放置キクイモ2017年5月b


この扱いをどうしようか?捨てるには可哀想ですし、しばらくは放置継続となるでしょうね。


外来に見えたアンコさん(失礼)が食べ残した、娘さん生産のキクイモが保管場所で
芽を出したそうで、御主人が届けてくれました。
顔を合わせるなり、「アンコ禁止!」と私に言われ苦笑いしておりましたが。

キクイモ植え付け5月中旬神山b

早速それを知人の所に持参し、植えてみました。『キクイモ』で活動を模索しているグループです。
色々な部分で、共通の志を持っている知人が立上げたグループです。

今後当ブログにおいても、今回の植え付け、収穫、出来栄え等をご紹介していこうと思います。

これにて今年のキクイモ作付は終了かと思います。

  1. 2017/05/17(水) 09:09:59|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TV出演! | ホーム | 皆さんGW(ゴールデンウィーク)は如何お過ごしでしたか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/421-97b2e66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR