fc2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

気付けば間もなくバレンタイン ワクチンで抗体価上昇、腸活で勿体無いがチョコ

お陰様で、書籍の売上も好調で、口コミで広がりつつある様で、
本日も書籍の御注文、問合せがあった様子です。

初版1000部の3/4近くは謹呈・プレゼントや試験的販売という感じだったので、
今後訂正箇所を修正して増刷していくつもりです。


先日の下野新聞情報センサーの応募が合計110ありました。
FAX応募の方へは昨日御案内・お知らせの手紙を投函しました。

本来は、発表は発送に代えるという事でしたが、応募して下さった方々へ
感謝の意を込めて。
とはいえ、なかなか大変な作業で週末を費やしました。

投函

IMG_6322.jpg

氏名の記載漏れ、不明瞭な物を含め応募要綱に不備のある方、数名を除き、御回答させて頂きました。

メール応募の方には本日メール送信でお知らせを送りました。

又、私が監修する【効く芋】製品についての案内チラシも同封しましたので、
御購入御希望の方は是非参考にし、お役立て貰えたら!と、思います。


我が子が都内での大学受験の真っ最中です。
毎日、コロナ感染者の数がテレビニュースで流れるたびに心配になります。

キクイモ(効く芋)サプリメントを毎日摂取させているので、大丈夫かとは思いますが、
合間を見てコロナワクチン接種を受ける予定にしております。

先々週よりコロナワクチン接種業務を実施しております。
しかし、接種券が届かない方々もおり、待ち遠しい日々が続いている印象です。

一方、ワクチン対策室によると、接種券を送付しているが、反応が悪く、接種希望者が
増えない。という話を聞きました。

他方、外来に見える患者さんの話によると、接種券は届いたが前回接種した病院へ連絡、
接種の希望をしたが、拒否されたという話。
色々と混迷を来している様子です。

1日も早い接種が望まれます。

私自身は、昨年4月20日1回目、5月11日に2回目。先日1月21日に3回目の接種を受けました。
医療従事者枠なので、3回ともファイザー社のワクチンでしたが、3回目の副反応は
ほとんどありませんでした。

昨年6月末よりほぼ毎月末にコロナ抗体を計測しております。
2回目接種後から時間と共に抗体価は徐々に低下し、6000から年末には750程度まで低下。

今回ワクチン接種後、10日目での抗体価測定し、19500程の数値でしたので、少々安心しております。
が、ブレイクスルー感染も多発しておりますし、オミクロンをはじめとする変異株への
効果は不明な部分もあるでしょうから、今迄通り感染対策には留意していく必要はあります。

手指アルコール消毒、マスク着用、ソーシャルディスタンス、三密回避、換気、咳エチケット
コロナ感染症の流行前には使わなかった新語が沢山ありますね。

これらの新しい生活習慣に加えて、【効く芋】を摂取して頂きたいと思います。
キクイモに含まれる水溶性食物繊維であるイヌリンは腸内細菌叢(フローラ)を整える
いわゆる腸活に役立ちます。腸内細菌善玉菌の良い餌になる事は判明しております。

実際に、某大学のバイオベンチャーでは、キクイモイヌリンにより免疫活性が上昇している事を
実験で既に証明してます。

乳酸菌飲料を一所懸命摂取している方々も多いですが、ガムシロップの様な砂糖含有では
糖尿病の悪化や肥満誘発を来します。
御存知と思いますが、糖尿病、肥満はコロナ感染を悪化させるリスク因子です。

私の新書にも記載しておりますが、私の推奨する(効く芋)茶を飲用していた
患者さんで70代糖尿病患者さんは、ダイヤモンドプリンセスから感染せずに下船されました。

目に見えない部分ですが、腸内細菌を整える事により、生活習慣病は改善しますし、
免疫を強化し、パンデミックにも備える事が可能と考えられます。

連日報道されるメディアの情報も大切ですが、何を信じるか?によって
経過・予後に大きな影響が出ると感じます。
自身の出来る事を少しずつでも実践し、感染対策を講じて頂きたいと思います。

間もなくバレンタインデイです。
東京で医師として働く娘よりチョコレートが届きました。焼酎入りのチョコレート。

IMG_6317.jpg


勿体無くて、なかなか手が出せません。チョコレート・アルコールと生活習慣という点では
手が出しずらい部分もあるのですが、体重・血液データも良好ですし、何より腸活が行き届いているので
少しずつ有難く頂戴していくつもりです。

  1. 2022/02/07(月) 22:20:17|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<利く芋?効かない芋? 本当に良いキクイモ【効く芋】の見分け方は・・・しっかり聞く様に! | ホーム | どんな方法であれ、生活を是正、病気を改善・免疫を賦活させておきましょう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/455-0a323441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
キクイモについて (181)
日々の診療徒然 (82)
独り言 (198)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

リンク