fc2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

利く芋?効かない芋? 本当に良いキクイモ【効く芋】の見分け方は・・・しっかり聞く様に!


昨日、駅で菊芋商品を見つけました。

効くの?


本当に効くのか?生産者がどれだけ菊芋の特性を理解して真摯に取り組んでいるか?!に掛かってます。

以前、私達仲間で菊芋(本当の効く芋)を如何に拡げていくか?!話合いをしていた際、
紛れ込んでた某氏が菊芋は連作できるんだよ!と、声を張り上げて輪から外れて行った事がありました。

その人は、日光で菊芋を生産し販売しております。
私共の情報だけ盗み聞きし、商売に励んでおります。
大変嘆かわしい話と思います。

生命力の強い菊芋は放っておいても栽培出来ます。
しかし、それでは効く芋ではなくなってしまうのです。

キクイモの特性で、土の栄養を根こそぎ吸収する為、連作障害が強く、栄養価が極端に低下します。
そこに化学肥料等使おうものなら、土壌の微生物は死滅、土そのものの力いわゆる【地力】が
低下してしまいます。

そんな菊芋は背丈は低く、葉は小さく、茎も細く、花は咲かない。
化学肥料を使うと、奇形の様に大きさだけはバカデカくなります。
しかし、中身はスカスカ、栄養成分は極端に低下してます、

ですから、残念ですが、そんな物を摂取しても何も起こりません!
トラック一杯分摂っても屁の足しにもならない、これがキクイモならぬ効かない芋です。

製品として販売してる物が本当に良い物かどうか、注意して見分ける必要があります。

実際、サプリメントで◯の菊芋という物が1番宣伝広告費を掛けてる様子ですが、
全くの期待外れと業界では評判です。

某研究室でこの会社の使用するキクイモを用いて実験すると、全くデータが出ない!という残念な話を
聞いてます。これを一所懸命、真面目に摂取しても結果は出ないという話は以前から耳にしてます。

健康維持の為、療養に役立てる為にお金を払っても、安かろうが・高かろうが、
悪かろうではお話になりませんね。

前著書においても、その部分を記載してますが、全く無視し、自身の生産物、製品の販売促進に
本を並べて効かない芋を売ってる人達も多かったのは事実です。

一時的に販売活動して、間も無く店じまいする様な感覚の、他者の健康に無責任な感覚を持った人達も
多く参入してるので要注意です。

大変難しいかとは思いますが、本当に良いキクイモの見極め方は、農産物でも加工品でも、
本当に効果的な物は即効性があります!
それだけに私の新書にも記載しましたが、HbA1Cが3カ月で17から6.2%へ低下しますし、
壊疽も治るのです。

1か月摂取しても効果が感じられない物は直ぐに中止し、他の製品に切り替えてみて下さい。
但し、同じメーカーの物を摂取しても菊芋の出所が同じかもしれませんから!
是非、御参考にして健康に御留意を!


本日も3回目のコロナワクチン接種業務 50名以上実施しました。
出来る限り速やかに接種を行いたいと考えます。

夕方には、産業医契約事業所より電話あり、従業員から感染が出たという話。
家庭内感染で、子供から父親への感染という話。先週末2月2月6日から発熱、咳症状出現。

現在も症状がひどく、又、同じ職場に勤務する奥様も今日から症状出現という話でした。
この職員から事業所に問い合わせがあったそうで、現在も微熱、咳の症状が続いているが、
保健所の指導では、発症が1月31日だから大丈夫!という話。果たして本当に出勤して良いのか?

口あんぐりの啞然・呆然。

この状態で感染直後の人が出勤したら、職場の方々が皆感染する可能性が高いと考えられます、
全く話にならない指導です。せめてPCR陰転化を確認してからでも良いと思います。

こんな事だから、感染拡大に歯止めがかからない!

蔓延防止措置の発表の数日前に国体開催を決定する様な事をして、
(一説には宿泊施設のキャンセル料金が掛かるタイムリミットだったとも)
結果感染拡大しているという危機意識が不足。

今度は感染したらそのような指導を行うなんて。。。

キクイモを効果的に摂取する事で免疫増強が出来る可能性があるのに
効かない芋を私利私欲で便乗して無責任に売る様な感覚にどこか似ているように感じます。

先日お亡くなりになった 石原慎太郎氏が生前、
「いつからか日本人は我欲の塊になってしまった。」
と嘆いていたのを思い出します。

保健所の職員の方々も大変な想いをされていると思います。経済活動も大切ですが、
この長く続くパンデミックの本当の終息を図る為にも、もうひと踏ん張り、細心な注意を持って、
日本人の真の底力を見せ、ワンチームで頑張って貰いたいと強く感じます。

私も引き続きワクチン接種業務 頑張ります!!!
  1. 2022/02/09(水) 21:32:16|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月2日発売はつらつ元気にお茶特集 コロナ禍だからこそ、生活習慣病予防・改善と癒しを! | ホーム | 気付けば間もなくバレンタイン ワクチンで抗体価上昇、腸活で勿体無いがチョコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/456-850056c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
キクイモについて (181)
日々の診療徒然 (82)
独り言 (198)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

リンク