fc2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

春よ、来い。腎機能改善へのチャレンジ


未だ寒い日が続きます。
本日2月23日は【富士山】の日だそうです。

今週末には15℃を超える予報で、いよいよ待ちに待った春の訪れになりそうです。
が、北海道、日本海側では大雪による交通事故が多発している様子です。
新千歳空港では降雪・欠航により空港内で立ち往生をしている方々も多い様子でした。


オミクロン亜種BA.2により大阪・神奈川等で319人が亡くなっているという話です。
ステルスオミクロンと呼ばれ、検査をすり抜け、感染力は1.4倍で伝播力も高く、病原性も高い印象です。
こちらも変わらず、注意報、警報状態です。


先日北京オリンピックが閉会しましたが、様々なシーンが思い返されます。
スキージャンプ、スピードスケート、フィギュア、スノーボード等盛り上がってました。
取り分けカーリングは最後まで楽しませて貰いました。

悔しさからくる涙を見せながらもどんな苦境においても笑顔を見せ、笑い合いながら楽しく競技する。
素晴らしいチームワーク。コロナ禍、自粛、様々な制約、ストレス。こういった状況下だからこそ
彼女達から学び、お手本として参考にする事が多いと感じます。ワンチーム、笑いによる免疫増強です。


羽生結弦(27)選手は今回4位入賞。2大会連続金メダルは偉業ですし、長年ハイレベルで活躍されているのは素晴らしいですね!
そして、北京五輪フィギュアスケートエキシビションで大会ラストの舞いのナンバーとして松任谷由実の名曲「春よ、来い」を選曲。
本人にとって集大成の意味もあるのでしょうが、冬が終わり、新たな季節 春の到来とも感じました。

芽吹き、胸躍る季節の到来と感じるのは私だけでしょうか?

日光春


一昨日職場の同僚が透析になる!という話を初めて耳にし、大変驚きました。
本人に確認すると、糖尿病から合併症の腎障害が進行し、腎機能が悪化。
かかりつけ医より透析導入について説明され、3月下旬にシャント手術を行う予定との事。

急遽面談し、私が長年検討してきた、少々工夫した形でキクイモを提供し1か月間の経過を観る事にしました。
彼にとっても改善し、透析が回避出来れば、喜ばしい事だし、同じ悩みを持つ方への希望に繋がります。
改めて、近日経過を御報告します。

キクイモはアミノ酸とカリウムの含有量が高いので、腎機能の指標である尿素窒素や血清カリウムの
上昇を引き起こしやすくなります。
しかし腎機能障害を持つ方がやみくもにキクイモを摂取する事には注意が必要です。


現在迄、キクイモ摂取して検査データを追跡したのは初期~中等症のみでした。

かつて健康誌へ私が投稿した腎障害へのキクイモの効果可能性の記事を読まれた東京の舞台俳優さんから
連絡があり、「死んでも透析だけは嫌だ!」という想いから転医し、新しいかかりつけ医から
「何でも良いと思われる物は試してみたら?!」の言葉を受け、すがる思いでアプローチされました。
東京駅で待ちわせし、抽出製品をお届けしました。

クレアチニンは限りなく10に近い数値であったと記憶してますが、新たなかかりつけ医が驚く程の効果があり、
結果透析を回避していたそうです。
定期的にデータを当方へ御報告頂くお約束でしたが、その方からの連絡が途絶えてしまったので追跡を断念
した経緯があります。お元気でお過ごしであれば幸いです。

他にも私の外来通院の糖尿病性腎不全患者さんで、某基幹病院において透析を勧められ、
逃げて来た男性がおります。
既に6年程の付き合いになりますが、現在も透析には至っておりません。

一時、eGFRが23程度まで低下し、毒素である尿素窒素、クレアチニンも45/3.5程度迄上昇してましたが、
現在eGFR 40以上、28/1.9程度まで低下しております。
今後も注視していく必要はありますが、驚きの数値です。

キクイモ表紙


私の新書にも記載しましたが、糖尿病性壊疽という本来切断が必至の重篤な合併症も改善しております。
菊芋(キクイモ)の奇跡的な効果に期待しましょう。
いつも申しますが、それには効く芋でないといけません。

昨日、私の訪問診療しているケースの担当ケアマネが退職の挨拶にみえました。
退職後は悠々自適の御様子ですが、
自宅で菊芋を栽培して、お茶を作ったり、農産物直売所へ卸すといった企画を聞きました。
が、キクイモの特性については全く理解したおりませんでした。

栽培、加工、収穫、保存、摂取のコツなど全くお話になりませんでした。
私の新書をお買い求め頂きましたので、熟読の上お勉強して頂き、本当に効果の期待出来る【効く芋】を
育てて、多くの方々の療養、健康維持に貢献して頂きたいと思います。

3月2日発売の健康誌はつらつ元気4月号に効く芋茶の話が掲載されます。
健康茶特集カラー3ページに渡りコメントをしてます。是非ご一読下さい。

はつらつ元氣茶特集50


又、現在企画しております内容についてもヒントが出てます。
近い将来、より効果が期待出来る健康茶のプロデュースについても乞うご期待です。

  1. 2022/02/23(水) 12:39:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日は楽しい雛まつり~♪コロナ禍であれ、春の訪れで心癒されます | ホーム | 3月2日発売はつらつ元気にお茶特集 コロナ禍だからこそ、生活習慣病予防・改善と癒しを!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/458-be204611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
キクイモについて (181)
日々の診療徒然 (82)
独り言 (198)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

リンク