fc2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

春遠からず? コロナ終息は未だ?1日も早く開花季節を期待


本日日光は降雪でした。
IMG_6704.jpg
IMG_6702.jpg


最近、外来患者さん達の血圧がやや高め。
温度差いわゆるヒーティングショックの影響かと思います。
1日の内の寒暖差により乱高下している印象です。

IMG_6701.jpg


昨日は訪問診療の新規患者にコロナ感染が判明。1日中大騒ぎでした。

一昨日某病院を退院。その病院では病棟でクラスターが出てます。
悪性腫瘍の末期で在宅看取りの依頼あり、昨日の昼過ぎに初回訪問予定でした。
コロナ禍で家族面会も出来ず、末期の病状でもあり、帰宅願望も理解可能です。
訪問多職種で連携を取り、看取りの準備をしておりました。

昨日の午前中、その某院で私は外来担当してましたが、訪問看護師より緊急連絡。
朝から38.8℃発熱。動脈血酸素飽和度の低下もあったが、酸素投与量を増量した事で
回復したが、高熱は持続。

前日退院したその病院を急遽再診させ、外来でPCR検査を!と、手配したところ、
受入れ出来ないの回答。コロナ感染者を外来受診させる訳にはいかない。が理由。
その病院を前日に退院したにも関わらず。

外来師長も話が分からない様子で、当方からすると未だ患者本人を診てない状態なのに
「主治医だから、救急車を手配し、検査出来る他の病院を探して下さい。」という話。
その病院で外来診療の最中でもあり、さすがに手配をする様に強く言いました。

結果、他院で検査実施したところ、PCR陽性。コロナ感染でした。
自身の病院での院内感染を放り出し、事後対応拒否という愚行・蛮行でした。
コロナクラスターの終息迄、当面はそこからの訪問診療依頼は中止した方が良さそうだと感じました。

訪問診療でコロナ感染者の診療を行わない話では決してありませんが、
日光市という在宅医療の社会資源が乏しい地域で、癌患者の看取りを実施している数少ない診療所である
当院としては、簡単に受け入れられない状況にあります。

すったもんだしていた時間帯不在だった主治医から後程電話があり、
「ご迷惑をお掛けしました」と謝罪はありましたが、加えて「事情があるのです。」
といった発言も。迷惑・事情ではなく、事後対応に問題があるだけと思いますが。。。

その後、昨日午前に同院を退院した別の方の新規訪問に夕方出掛けました。
正直、戦々恐々でしたが、発熱もなく胃癌末期の割に元気な表情をされてました。
勿論、感染対策を実施した上ではありましたが。

1日も早いコロナ終息を願いますが、こういった診療連携ですと、終息は当面難しいのかもしれませんね。
基幹病院らしく、しっかりと徹底して欲しい物です。

少々愚痴めいてしまいましたが、気を取り直し、本日は降雪の中、訪問診療の時間を前倒しし
宇都宮市で打合せをして来ました。
私が推奨するキクイモ(効く芋)商品を取り扱って頂く店舗の責任者の方とお会いし御説明申し上げました。

大変御興味を示され、是非前向きに紹介・販売したい旨ありました。
実際に販売開始されたら御紹介致します。
又、近日ネット販売も検討して頂くというお話です。乞うご期待ですね。

来月早々には大手某社Wが来訪・面談、打合せする予定です。こちらは本格的な展開・商品開発にも
力を入れていく様子です。詳細不明ですので、御相談内容によって御紹介致します。

既にキクイモとめぐり逢い15年以上経過し、その効果を体感・御紹介してきました。
本当のキクイモ同様、土地を耕し、植え付け、すくすく育ち、いよいよ花が咲くといった印象です。
大変楽しみです。

  1. 2022/03/18(金) 23:25:24|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春分 新たなスタートに備えてリフレッシュしてきました | ホーム | いよいよ春です!準備の真っ最中です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/462-d6bbef94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
キクイモについて (181)
日々の診療徒然 (82)
独り言 (198)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

リンク