FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

劇的改善!


正月休み明け、新年の仕事が始まりましたが、
お屠蘇気分は未だ冷めやらず。

リズムを取り戻すのには1週間程度経過してからに
なるのではないか!?と感じております。

昨日の外来では約30名程度来院され、その内約半数が
糖尿病。その内約半数がキクイモについて試用している
印象でした。

その中で、昨年のブログ(11月22日)に取り上げました
方のその後ですが、当初8.5%のHbA1Cがわずが3週間
程度の菊芋摂取により7.3%迄低下したことはお伝えしましたが、
12月27日診察日には6.8%迄低下しておりました。

検査技師、事務受付等の職員もこれにはビックリ!
結構有名な患者さんでもあった事から、話題になっております。

昨年末、同様にブログでご紹介しました、学術発表(12月21日)について、
関係者に問合せを致しました。

内容は、先ず何故、キクイモという名前でなく、『アメリカサンフラワーポテト(ASP)』
という名前を使ったのか?という点と、HbA1Cの低下が6.8%から6.5%といった
レベルなのか?

最初の質問については、やはり『キクイモ認証』といった部分が関連しているのでは
ないか?と推測しました。『キクイモ』という名前が知られてきたが、いつも話題に
する『キカナイイモ』も中に紛れているから。といった理由だと思います。

次に2つ目の質問についての回答ですが、実際治験の現場では、そのポテンシャルに
驚き、「薬より効くのではないか!」といった意見が出ている様子です。ただ、今回の
追跡調査可能であったケースについては、この程度のデータしか出なかった。といった
説明でした。


私自身、臨床現場において、劇的改善ケースを目の当たりにしておりますので、
今後、自身のデータを集計して、ご紹介出来れば良いかな、と考えております。

ただ、個人情報保護の観点から、全ての方のお名前を出す事は出来ませんが・・・。

昨年末より未治療の糖尿病患者さんが数名来院され、食事指導・運動療法に加え
キクイモに関する情報提供をしておりますので、その方々のお正月明けの検査結果を
私自身楽しみにしております。


突然中止を義務付けられたり、制限を受けるよりも、生活習慣に加えたり、少々変更
する事で改善するなら、ストレス少なく、継続しやすいと思います。

『キクイモ』が『聞くイモ』から『効くイモ』として認知され、『利くイモ』に
なるように、引き続き有用な情報発信が出来たらと感じております。



  1. 2014/01/08(水) 18:16:36|
  2. 日々の診療徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<心より感謝 | ホーム | 仕事始め>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/48-9b67f22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR