FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

叔父の3回忌法要と使命感

週末は当直でした。
入院患者の病状急変などもあり、結構忙しくブログ更新が
出来ませんでした。

22日土曜日は午前代診で日光へ。日光宇都宮間道路もやっと復旧。
50キロ制限はありましたが、スリップすることなく行ってきました。

11時からは叔父の3回忌法要に参列しました。
2年前、大腸癌で78歳で亡くなりました。

大変明るく、賑やかな人で、お祭り好きな印象の人でした。
怒った顔は見た事無く、子供ながら『うるさい、しつこい』という
今でいうオヤジでした。

亡くなった後、色々なエピソードを伺い、驚いたり、尊敬したり。
自分が知らない顔があるのは当然と思いますが、身内ながらも、別の顔に感心しております。

厚生省の職員で、麻薬のGメンをやっていました。

ある日、弟の叔父の下宿へ出掛け、弟が留守であった為、
銭湯へ行ったそうです。
下宿屋のオバサンから「お兄さんが来られて、銭湯へ行った」と聞いた
叔父(弟)が何気なく押入れを開けたところ、そこには拳銃が・・・。

驚いた叔父は、兄貴が何してるのか?知らず、聞くにも聞けず。

帰ってきた兄貴に、やっとの思いで、尋ねたところ
真顔で「お前、見たのか!?」

家族にも職務詳細を明かさず、極秘任務に懸命に従事していたようです。

その後は、弟、従弟と一緒に飲みに行く時も、彼らに人壁を作らせるように
目隠しをしてコインロッカーに例のブツを隠して飲みに行ったりしていたようです。

ある時従弟が「そんな危ない仕事辞めたら?」と言ったところ、
「俺達が働く事で、枕を高くして眠れる人がいるんだ。」との答え。

私の知る顔とは全く異なり、ストレスの多い仕事を全うされ、責務を果たされたんだなぁ!
とその使命感に敬服しております。

群馬県館林から、東京迄通勤されていた叔父ですが、お酒友達も多かったようです。
時に飲み過ぎて、東武電車の最終に飛び乗り、寝過ごしてしまうような事もあったそうで。

最終電車で終点。寝過ごすという事は?

夜中、目が覚めたら、車両車庫の中だったそうです。
結局、「始発で通勤した」等と笑い飛ばしておりました。

北京オリンピックの際、娘(私の従妹)の亭主が赴任していた事もあり、オリンピックと観光を兼ね
訪れていた際、腹部膨満感出現。お腹の張り、痛みといった便秘症状の強いものだったようです。

その後、手術・抗癌剤から鎮痛の為、麻薬使用に至り、『下半身を切り取って欲しい』という
程の痛みを訴えながら、逝去されました。

その際の闘病記を拝見しましたが、涙で全てを読めませんでした。

拙著でもご紹介しました、(p116)川越市在住のAさんも、取材にお邪魔した1か月前に
大腸癌の完治宣言を受けたと仰っておられました。
キクイモが糖尿病性壊疽のみならず、大腸癌にも効果があったと、はっきり言い切れる方です。


私の周りにも、多くの癌患者さんがおられます。今現在も癌の治療を行っている方々、宣告され
絶望の淵にいる方々も多い事と思います。

勇気を持って、お役に立つ努力をしていけたら!と強く感じます。
今後も雑誌、インターネット、講演会等多くのメディアに露出し、多くの方にキクイモをお伝えする
使命が果たせる事が出来たら素晴らしいと考えております。これが自身の医師としての使命と感じます。




  1. 2014/02/24(月) 09:06:27|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オリンピック総集編とおもてなし | ホーム | 世界が感動!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/73-8351d727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR