FC2ブログ

キクイモ医師のつぶやき

糖尿病臨床医の健康的キクイモ生活情報

キクイモによる免疫増強と『週刊ポスト・・・』

本日はキクイモ摂取に励んでおられる70代男性宅へお邪魔し、
面談して参りました。

この方は食道癌でここ数年闘病されている方です。
現在迄、手術、放射線療法、抗癌剤の全てをやられております。

私の患者さんのご主人様で、奥様よりご相談を受けました。
2年半前よりキクイモを摂取されておりましたが、ここへきて
リンパ節転移が見つかり、通院中主治医より再び抗癌剤の勧めが
あったそうです。

抗癌剤による便秘に苦しんでおりましたので、キクイモ摂取して
からは、便通が改善したことを大変喜んでおられました。



私の外来の担当患者さんではありませんでしたので、余り積極的にご意見を
する事も出来ません。

ただ、治りたい一心から、良くなるものなら何でも試したいというお気持ちを
お持ちでしたので、キクイモをお薦め致しました。

経過は順調の印象でしたが、ここへきて腹痛、食欲不振等が出現し、体重も減少。
心配になり、予定の受診日より早めに再診し相談したところ、先に述べた抗癌剤の
話になったようです。

再び、抗癌剤を行う事にかなり抵抗があったようで、即座に拒否された
そうです。
そして、免疫療法(Bak療法)に踏み切ったようです。

ただ、今迄の病院では行っておらず、他の病院で、勿論自費【自由診療】となります。

色々お話を伺うと、今迄の病院では今後一切診てもらえなくなるというお話でした。
病気と向き合って懸命に闘う覚悟をしているのに・・・。

医者によっては、手のひらを返したように「責任とれないから、私は関係ない!」と、
言い放つ御人もいるようです。悲しい話です。


キクイモが免疫を高める可能性がある事は知られております。
某大学の医師を中心としたベンチャー企業の研究で、ストレプトゾトシン糖尿病誘発ラットの
実験で、イヌリンによりインターフェロンγ(ガンマ)(*)が誘発されている事が確認されております。

(*)インターフェロンγとは、ヘルパーT細胞が分泌するインターロイキンの1種で、B細胞や
マクロファージを活性化するタンパク質。抗腫瘍作用や免疫増強作用が強い。

どんな人でも生について、前向きに「生きたい」と捕えるなら、どんな方法でも!と思うのが
性(さが)と感じますが、如何でしょう?
医者でも『溺れる時は藁をも掴む』のではないでしょうか?


そんな訳で、せっせとキクイモを摂取されております。
頑張って、克服して欲しいと願っております。

本日、『週刊ポスト』4月4日/11日号が発売されたそうです。
私自身、どんな週刊誌か?!分りませんでしたが、主婦の友インフォス『健康』編集部より
メールを頂きまして、ポスト誌に記事が掲載されているそうです。

週刊ポスト


週刊ポスト記事


著書名等は掲載されておりませんが、キクイモその他種々の健康誌に取扱い、掲載されている
食品についての特集だそうで、私の名前も『キクイモ』の所(188ページ)にありました。
ご興味のある方は読んでみて下さい。

ただ、見開き次のページの特集が・・・。
驚き特集で、多くの方にインフォメーションするのを躊躇(ためら)います。


  1. 2014/03/24(月) 21:59:09|
  2. キクイモについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<笑顔で前向き!エコ健康法 | ホーム | 看取りと望郷の念>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://drkikuimo.com/tb.php/90-e2156024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キクイモ医師

Author:キクイモ医師
栃木県で勤務する内科医です。糖尿病を主とし臨床経験四半世紀を経過しました。
糖尿病の他、生活習慣病の増加、玉石混交のサプリメント市場、現在の医療・介護の問題等日々の出来事から感じた事柄などをつぶやいていきたいと思います。宜しく!

最新記事

お薦めリンク集

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
キクイモについて (168)
日々の診療徒然 (77)
独り言 (174)
回顧録 (2)

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR